福祉医療制度の対象者

制度の概要

福祉医療制度とは、医療機関でお支払された保険診療の自己負担額の一部を村が助成する制度です。
健康保険の適用になる医療費が助成対象で、保険診療の自己負担額から診療報酬明細書(レセプト)1枚あたり受給者負担金300円を控除し支給します。

対象者

  • 児童:0歳から18歳到達後の3月31日まで(所得制限なし)
  • 障がい者(所得制限あり)
    ・身体障害者手帳1~3級
    ・療育手帳A1・A2・B1
    ・精神障害保健福祉手帳1・2級(入院は対象外)
    ・65歳以上で国民年金法施行令別表該当者
  • 障がい者(所得制限なし)
    ・精神障害者で自立支援医療受給者(入院は対象外)
  • 指定難病患者(所得制限なし)
  • 母子家庭の母子、父子家庭の父子、父母のいない児童(児童扶養手当の制限額に準じた所得制限あり)
    ・ひとり親家庭で児童を育てている父母とその児童、両親のいない児童
    なお、児童とは0歳から18歳到達後の3月31日まで
タイトルとURLをコピーしました