介護保険負担限度額認定制度

介護保険施設などに長期の入所または短期入所する場合、低所得の方の負担が重くならないよう、食費と居住費について所得と資産の状況で減額制度を受けることができます。減額制度を受けるためには申請が必要となります。施設入所、短期入所を利用の際に介護保険負担限度額認定証を施設へ提示してください。

介護保険施設:特別養護老人ホーム、地域密着型特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、介護医療院

対象となる方

以下の1~3のすべてに該当する方です。

  1. 世帯全員の市町村民税が非課税。
  2. 配偶者と世帯を別にする場合でも配偶者が住民税非課税。(事実婚を含む。)
  3. 被保険者及び配偶者の預貯金等が2,000万円以下。単身の場合は1,000万円以下。

※2と3は平成27年8月からの追加要件となります。

必要に応じて金融機関等へ預貯金の照会をさせていただくことがあります。

提出書類

申請には必ず、「認定申請書」、「同意書」、「添付書類」、「介護保険負担限度額認定申請書」、を提出してください。

「同意書」…金融機関等へ預貯金等の照会を行います。

申請時添付書類等(本人及び配偶者名義のもの)

預貯金等に含まれるもの添付書類
預貯金、定期預金、信託、有価証券通帳等の写し
現金(タンス預金)自己申告
金・銀(購入先口座残高で把握できるもの)購入先銀行等の口座残高の写し
負債(差し引きます)名義人がわかる借用証書の写し

※被保険者と配偶者の全ての預貯金通帳等の写しを添付してください。
・銀行名・支店・口座番号・名義の記載された部分
・申請日直近の残高が分かる部分

提出場所

売木村役場住民課介護保険係までお申し出ください。役場にて、提出に必要な書類と記入例をお渡しします。

タイトルとURLをコピーしました