村長の部屋

1月 今できる事を

厳しい状況が続きますが、人が訪れる村、訪れたくなる村づくりの為、今できる事を進めています。今年もどうぞよろしくお願いいたします。


1月1日

旦開郵便局で年賀郵便元旦配達出発式がありました。非常に寒さ厳しい中ではありましたが、快晴の中、配達員の皆さんは元気よく出発されました。


1月4日

御用始めの式を行いました。コロナで自粛が続く中ではありますが、今までの村づくりのキャッチフレーズ「人が訪れる村、訪れたくなる村」作りを、できる方法で前向きに取り組みたいと訓示しました。JAからいただいたダルマに職員全員で片目を入れ、決意を新たにし、新年がスタートしました。


1月5日

南信州広域連合、土木振興会。下伊那郡町村会合同役員会がおこなわれました。町村会長の下平豊丘村長から新年の挨拶がありました。


1月9日

新型コロナウィルス感染症が飯田下伊那地域で広がりを見せる中、売木村消防団出初式は式典を中止して、閲団、分列行進だけとなりました。少数精鋭の団でありますが、統率の取れた動きは力強く村民が安心するところです。


1月10日

売木村成人式が行われました。一昨年の8月と昨年8月に予定しておりましたが、コロナ禍で伸び伸びとなっておりました。コロナ感染対策に万全を期して、2年合同での開催となりました。成人者からはこんな状況の中でも開催していただき嬉しかったという声を頂きました。


1月17日

飯田下伊那ではコロナ感染者が急増しております。色々な会議、行事が中止やリモートとなっております。本日の町村会、広域連合会議も初めてリモート開催となりました。町村会三役会議があった都合上、私達は広域連合事務センターで会議に出席しました。


1月25日

阿智村村長選挙が告示されました。8年一緒に活動もさせていただいた現職村長の応援に行ってきました。ちなみに名前は私と一緒です。


1月29日

愛知大学三遠南信地域連携センター主催の越境フォーラムが行われ、リモートで出席しました。売木村との連携事業で、移住共住について愛知大学岩崎教授から研究発表がありました。

タイトルとURLをコピーしました