売木村からのお知らせ村長の部屋

村長の部屋『3月 別れの季節』

卒業式や退職の時期となりました。

売木村で育った子ども達や頑張ってくれた職員との別れは毎年寂しいものです。

皆さんの新天地でのご活躍を祈っております。


3月8日

令和4年第一回売木村議会定例会が開会しました。令和4年度の一般会計、特別会計、条例改正など重要案件を提案させていただきました。開会の挨拶では、令和4年度の施政方針を述べさせていただきました。


3月11日

昨年7月に包括連携協定を結んでいただいた株式会社ミダックホールディングスと浜松市で災害廃棄物収集運搬等の協力に関する協定を結びました。売木村で災害が発生した場合に、村がミダックホールディングスに応援協力要請を行い、災害廃棄物の処分、廃棄物仮置き場での分別、中間処理、指定避難所等で出る廃棄物の収集運搬等をお願いして、万が一の時に災害ごみの処理がスムーズにいくようになります。


3月12日

集落の大山住様の祭り山の講が行われました。今年は大雪で祠までは行けないので鳥居の下で祭りを行いました。


3月13日

飯田市で公明党政策要望懇談会に出席しました。県の指定管理制度について、病院の医師確保について要望しました。


3月15日

議会定例会最終日でした。提案させていただきました令和4年度予算案等すべての議案を議決していただき閉会しました。


3月16日

ここ2ヶ月はリモート会議でありました南信州広域連合会議、町村会でしたが、町村総合事務組合議会、土木技術センター組合議会等があり、対面開催となりました。


3月17日

売木小学校、中学校卒業式が行われました。小学校5名、中学校5名の子ども達が無事に卒業しました。


3月18日

売木村山村留学の修園の集いが行われ、12名が修園しました。1年間親元を離れ、留学センターや農家で過ごしながら、売木小中学校に通いました。自分の事は自分でやらなくてはなりません。そんな厳しい環境の中で暮らした子ども達は随分と成長します。


3月19日

村の入り口にありシンボル的な旅館だった岡田屋は、テレワークとシェアハウス施設「うるぎHalo!岡田屋」に生まれ変わります。そこを運営する社団法人「木の芽」が主催するイベント「あなたの探しているものは地域にある!」が開催されました。基調講演では(株)ポケットマルシェ代表の高橋博之さんから「都市と地方をかきまぜる」を演題に、元気の出るお話をお聞きしました。


3月30日

売木村に多額の寄付をして頂いた売木村出身で、諏訪郡富士見町で和菓子屋を営む千野さんに感謝状をお届けに伺いました。90歳近くになられておられますが、お元気で、村の昔話や同級生の話など伺い、工場の機械の説明もして頂きました。信州銘菓の井戸尻遺跡最中は店を代表する御菓子です。


3月31日

年度末を迎え、退職される職員の辞令交付式を行いました。保健師として活躍していただいた方、県職員の研修派遣により1年間村役場に勤められた方と長短ありますが、村のために頑張っていただきました。転任地での活躍をご期待しております。

タイトルとURLをコピーしました