村長の部屋

御嶽ウルトラトレイル 重見選手完走!

6月28日 長野市で飯田下伊那出身の長野県職員の会、竜峡会が開催され、地元選出県会議員、市町村長も出席して賑やかに開催されました。売木村出身の県職員は、現在はいなくて寂しい限りでありますが、飯田下伊那出身の皆さんと親しくお話をすることができました。知事もサプライズ参加されました。最後には下伊那の歌、竜峡小唄、ふるさとの大合唱で盛り上がりお開きとなりました。

きょうりゅうかい.jpg
きょうりゅう2.jpg

7月5日 下伊那南部飯田富山佐久間線の整備促進について、長野県議会と長野県建設部に要望活動を行いました。県議会閉会の後、地元の県議全員にご出席いただき助言をしていただきました。

県要望.jpg
県要望2.jpg

7月7日 飯伊消防技術大会が飯田市桐林総合運動場で開催されました。ポンプ車操法、小型ポンプ操法、ラッパ吹奏に別れ、消防団員の皆さんが、日ごろの訓練の成果を発揮して県大会を目指し頑張ります。今年は、売木村は出場しませんでした。

消防.jpg

7月8日 下伊那南部保険医療協議会総会が、県立阿南病院を会場に行われました。総会終了後には松本医師会の医療・介護コーディネーターの岡村律子先生の講演「地域の合意形成を核とした事前指示書の導入について」お話をお聞きしました。延命治療をしたくないという高齢者が91%なのに、家族の希望によって50%以上の人に延命治療が行われている。個人の意思が尊重される”リビングウィル”(事前指示書)が、大きな拠り所になるというお話を、お聞きしました。

7月11日 長野県企画振興部長の伊藤一紀さんに来庁していただきました。長野県の77市町村を回られるとのことです。売木村の取り組みについてお話をさせていただきました。

企画振興.jpg

7月13日 少し小雨の降る中、岩倉集落の草刈りが行われました。国道、村道沿いの草刈りを行いました。道路沿いが奇麗になり、見通しも良くなりました。

草.jpg

7月14日 売木村のウルトラマラソンランナーである重見選手が、木曽郡王滝村で開催された、御嶽ウルトラトレイルに出場しましたので、応援に行ってきました。この大会は林道や道なき道を走るトレイルマラソンでは伝統ある大会です。100キロメートルの部と100マイルの部とあります。100マイル(160キロメートル)にエントリーできる人は、100キロメートルの部で14時間以内でゴールした選手だけしか出場できません。重見選手は、実績が評価されての100マイル出場です。

shigemi3.jpg

100キロメートルの部には1000人を超す選手が出場し、100マイルには205人が出場する大きな大会です。ゴール地点で待っておりましたが、途中でリタイヤされる選手がマイクロバスで搬送されてきますが、いつもいっぱいです。過酷で厳しいレースということがうかがえます。100マイル1位の選手が16時間56分でゴールしました。今か今かと待っておりましたが中々姿が見えません。何かあったのかと不安は増すばかりでした。重見選手がゴールしたのは約3時間後の午後4時です。体中に擦り傷だらけの痛々しいゴールでした。こんな苦しい重見選手を見るのは初めてです。結果は総合11位、年代別2位で20時間の厳しいゴールとなりました。無事に完走できて良かったですが、無理をしないで欲しいとつくづく思いました。
shigemi2.jpg
shigemi5.jpg

タイトルとURLをコピーしました