売木村山村留学センター
売木学園

〒399-1601
長野県下伊那郡売木村45-551
Tel:0260-28-2116
Fax:0260-28-2116
お問い合わせはコチラ

">HOME >  ブログ >  2月23日

売木村の山村留学ブログ

2月23日

第38回 売木村文芸祭が、2月22日(土)・23日(日)に、文化交流センター"ぶなの木"で開催されました。
20200223 (1).JPG
個人と、団体の展示品があり、2日間自由に見ることができました。学園生たちが学校で作った版画、美術・技術などの作品や、習字の作品もたくさんありました。
20200223 (3).JPG
小学生が工夫して作った立体迷路?のようなものも。どれも個性的で、素敵な作品でした!
昨年度の個人体験活動で"うるぎの自然かるた"を作ったことがきっかけで、今年度、村集落支援員で創作絵本作家の愛芽さんと共同制作した"うるぎ 暮らしかるた"のお披露目と販売をするHoさんの姿もありました! 昔ながらの知恵や暮らしぶりなどを伝えるかるたを構想していた愛芽さんが、村の魅力をたくさんの人に伝えたいという思いのHoさんに声を掛けてくださりスタートした本格的なかるた作り。村の自然や風習・食文化などを題材にした素敵なかるたが完成したのでした!
20200223 (5).JPG
手芸作品や陶芸作品・マリオネット・絵・写真・生け花など、村の人たちの大変素晴らしい作品も多数展示されており、「◯◯さんの作品が凄かった!」などと、感想を述べていた学園生もいました。
20200223 (2).JPG
23日午前には、冬季大学講座で、テレビでお馴染みの生物学者 池田清彦さんの講演がありました。開演に間に合うようセンターを出発した学園生たちでしたが、講演の内容が難しかったらしく...。退席すると、ゆっくりと展示作品を鑑賞する時間にあて、自分の作品の制作秘話?を話したり、解説したりしながら見て回っていた子たちも。
20200223 (4).JPG
また、交通安全シミュレーション体験ができるブースで、挑戦する子たちもたくさんいました!
20200223 (6).JPG
23日午後1時から、保育所の子どもたちによるかわいらしいダンスで芸能発表の幕開け。続いて、小学生たちの歌"サウンド オブ ミュージックより さようなら、ごきげんよう"。
20200223 (7).JPG
ソロパートを学園生2人で歌うところもあり、微笑ましい発表でした!
20200223 (8).JPG
小学生の次は、中学生の出番。まずは、文化部の子たちによるバンド演奏"金曜日のおはよう"と"天体観測"。学園生もベースを堂々と弾く姿を披露。
20200223 (9).JPG
それから、中学生全員によるダンス。練習の成果を発揮し、中学生らしい元気いっぱいでスピード感あふれる踊りを披露。会場の人たちを楽しませていました!
20200223 (10).JPG
小学校と中学校の出演が終わると、学園生たちは太鼓の衣装に着替えるために、更衣室兼控室へ。そうこうしているうちにも、舞台ではダンス、混声合唱、踊り、ダンス...と発表が続きます。
次は、プログラム8番 和太鼓演奏。売木子ども太鼓の出番です。学園生9名と地元の子たち6名の15名でセッティングをし、Hkさんが挨拶をしました。
20200223 (11).JPG
"三宅島神着木遣太鼓"を発表。
20200223 (12).JPG
腰を低く落とした姿勢のまま、気合いを込めて打ち抜き、大きな掛け声で盛りあげる子どもたち。
20200223 (13).JPG
たくさんの拍手をいただきました!
20200223 (14).JPG
続いて、うるぎ山の橅鳴太鼓さんと合同で"子の月まつり"の演奏。売木子ども太鼓のメンバーは、初めは出番がなく、会場の一列目に陣取りスタンバイ。
20200223 (15).JPG
後半の一気に盛り上がるところから、掛け声の出演。そして、手にした団扇太鼓やパーランクーを打ち鳴らしながら、舞台上へ。
20200223 (16).JPG
長胴太鼓が刻むリズムと篠笛の旋律に合わせ、振り付けてもらった動きをしながら、これまで練習してきたリズムを打ったり、「ソイヤッ!」という掛け声をかけたり。
20200223 (17).JPG
皆で元気に声を出しながら、団扇太鼓やパーランクーを笑顔で打つことができました。 最後のポーズもピシッと決まり、たくさんの拍手をいただきました!
20200223 (18).JPG
前半の部が終わったので、記念撮影。
20200223 (19).JPG
休憩の後、後半の部。出番が終わった学園生たちは太鼓の衣装から着替え、会場に戻ると、村の人や大学生のダンス・弾き語り・舞踏などを見て楽しんでいました。二胡を演奏する受け入れ農家の母さんの姿を熱心に見たり、演奏を聴いたりする子も。
20200223 (20).JPG
プログラム14番は、スクールアイドル Rainbowによるダンス。
20200223 (21).JPG
言わずと知れた売木小中学校スクールアイドル5人組で、3人は学園生。
20200223 (22).JPG
努力して練習時間を生み出し、練習を重ねてきた子たち。それぞれ、笑顔で踊ることを意識したり、自信を持って大きく動くことを心掛けたりしていた様です。
20200223 (23).JPG
会場の人たちの視線を釘付け?にしたり、笑顔にしたりしていました! 3人も楽しかったそう。
20200223 (24).JPG
大正琴演奏、バンド演奏...とプログラムはどんどん進み、17団体による芸能発表もいよいよ大詰め。
20200223 (25).JPG
トリは、夢クラブの皆さん!! 受け入れ農家の母さんの姿もあり、踊り"今日から俺は! 男のくん・・・せい?"の発表。ステージは、例年通り 期待を裏切らない楽しいものでした。これまたお決まりの、舞台に上げられた 村長さんや学園長さん・受け入れ農家の父さんでもある公民館長さんたちがツッパリやリーゼントのかつらを被らされて踊る姿も見られ、大盛りあがりでした!

村人たちの芸達者な一面や作品を見て学ぶことが多かったという子、自分たちが練習してきたものの成果をしっかり発表できたと喜ぶ子、とても楽しかったと話す子もいました。


20/02/24

ひとつ前に戻る