売木村山村留学センター
売木学園

〒399-1601
長野県下伊那郡売木村45-551
Tel:0260-28-2116
Fax:0260-28-2116
お問い合わせはコチラ

">HOME >  ブログ >  9月14日

売木村の山村留学ブログ

9月14日

 9月14日(土)に、売木小中学校と売木村民との同時開催による大運動会がありました。過去2年間は雨により中止になっており今回も心配されましたが、当日は秋晴れ。最高の運動会日和となりました。


 小学4・5・6年生が所属している「みどりの少年団」による鼓笛隊の演奏で入場。十分に練習してきた行進は、とても勇ましく見えました。中学生や村民の皆さんも鼓笛隊に続きます。
 

 総勢200~300名、売木村民の約半分が参加していました。子どもたち同様、村民の皆さんも3年ぶりの運動会を心待ちにしていたようです。
 
 様々な競技が行われる中で、かなりの盛り上がりを見せたのが全校リレーです。
 
 小学一年生から中学三年生までが縦割りで4チームに分かれてバトンを渡していきます。スタートの小学生からだんだんと年齢があがるにつれて、スピードやダイナミックさも上がっていき、アンカーにバトンが渡ると、ものすごい迫力でした。
 

 売木大運動会の名物といえば、「おもちかえり」です。障害物競争やパン食い競争にも似た競技ですが一番の特徴は「小麦粉の中に隠れている大福を咥える」ことです。もちろん、ごらんのとおり、顔は真っ白。口の中も小麦粉でいっぱいになる始末です・・・

 
 大人の方も全力でお餅をもちかえります。中には、顔についた小麦粉のきれいさで決まる「村長特別賞」をもらう学園生もいました。見事な美白顔でした!


 最後の競技は、村民の皆さんと小中学生合同の大玉おくり。子どもたちから大人たちに大玉が渡った時の速さに、驚いていた子どもたちは「はやいはやい!」と大喜び。実はこの時点で紅組、白組の得点差は僅かに紅組優勢でしたが、この競技で2回戦ともに勝利した白組が優勝しました。
 競技に出場したり係の仕事をしたりと、一日通して動き回った学園生はクタクタになっていましたが、久々に家族と会えて終始キラキラとした表情をしていました。

19/09/20

ひとつ前に戻る