売木村山村留学センター
売木学園

〒399-1601
長野県下伊那郡売木村45-551
Tel:0260-28-2116
Fax:0260-28-2116
お問い合わせはコチラ

">HOME >  ブログ >  7月7日

売木村の山村留学ブログ

7月7日

シャワークライミングを予定していた7月7日(日)、降り続いた雨量や気温・水温の関係で延期にし、朝食後、学園生たちは、まず生活の仕切り直しの荷物整理や部屋掃除をしました。前日の窓掃除では、学園生部屋の掃き出し窓には着手していなかったので、大きな窓とウッドデッキの辺りを念入りにきれいにしました。女子はたくさんいるのに、3時間近くもかかって...。
20190707 (1).JPG
11時15分頃から、この日は七夕ということで、急遽 七夕飾りを作ることに。初めに、皆で笹ならぬ細い竹を取りにいくと、継続生の2人が適当なものを見繕い、皆の同意を得て、のこぎりで切りました!
20190707 (2).JPG
細い竹をセンターに持ち帰ったら、学習室で飾り作り。七夕の言い伝えや笹飾りの由来・五色の短冊の意味などを知ってから、カラフルな折込チラシや新聞紙などを使って作り始めました。「学校でもやったよ。」と、迷わず何かを作り始める小学生もいましたが、「何 作ろうかな?」「鶴しか折れないよ...。」「天の川ってどうやって作るんだったっけ?」などと言いながら、周りを見て手を動かし始める子たちも。
20190707 (3).JPG
しばらくすると、金運上昇を願い 紙で財布を折ったり、長寿を願って長寿のシンボルである鶴を紙で折ったり。「食べ物に困らないように、おにぎり作ったよ~!」と紙でなぜかおにぎりを幾つも作り、笑顔を振りまいていた子も。
20190707 (4).JPG
作った飾りは、針金や紐で竹の枝に吊るしたり結んだりしていきました。他の子が作ったものを見て、「どうやって作るの?作り方、教えて!」「いいよ。」なんていうやり取りもありました。

折った紙にハサミで切り込みを入れ、天の川を作ってみたものの、開いてみると思っていたものと違うものだったらしく、再チャレンジする子もいました。

紙の人形や着物を飾ると、裁縫が上達し着るものに困らなくなると言われていると知り、自分の折り紙で神衣に見立てた奴さんと袴を折って、飾った子もいました! 他にも、魔除けの意味もある吹き流しもどき・提灯・豊年豊作大漁の願いを込め紙で作った網なども飾られました。ものを粗末にしないという意味で、紙で作ったくずかごを吊るし、七夕飾り作りで出た紙くずを入れていくと、あふれそうになっていました!
20190707 (7).JPG
最後に、一人2枚 短冊に願い事を書きました。元は裁縫や機織りの上達を願う風習だったので、お金持ちになりたいとか〇〇が欲しいなどということではなく、手習い事や芸事の上達をお願いするとよいそう。学業や水泳の上達、剣道・空手・ピアノ・絵画など地元で習っていた事の上達、整理整頓・箸使いなどが上手になることを願って書く子たちが多かったです。
20190707 (8).JPG
片づけをして、昼食。
飾りや短冊がたくさん吊るされた竹は、センターの玄関に飾りました!
20190707 (9).JPG
午後2時からは、畑の草取りをしました。2週間前に皆で一斉に抜き取りましたが、雑草の猛威はとどまらず、大きく伸びてはいませんでしたが、またたくさん生えてきていたのです。自分たちで、受け持つ畝間を決めたら、あとはしゃがんでひたすら草を抜くのみ。
20190707 (10).JPG
ずっと梅雨らしいお天気続きで、低い場所の畝間には雨水がたまっていたり、水たまりができていたり。その中の雑草ももちろん抜き取るので、今回は軍手をはめずに素手で。前回は土が乾いていて固かったので、根こそぎ抜き取ることは難しかったのですが、今回は抜きやすかったよう。しかし、水たまりがあったり土が水分を含んでいたりするので、前回のようにお尻をつけて座り込んで作業することはできず...。担当場所に雑草がかなり生えているのは、前回 根こそぎ抜けていなかったからだと考えられたので、次の草取り作業が大変にならないよう、出だしは丁寧に抜き取ることを心がけていました。
20190707 (11).JPG
腰を下ろすこともままならず、無心になって草を抜き取り続けていた子たちと、そうでない子たちがおり、開始から1時間ほど経つと結果が目に見えてわかるので、達成感を味わってから次の畝間に着手する子たちもいれば、ほとんど前進していない子たちも。まめに水分補給をしなくてもよいくらい涼しく、熱中症の心配もなかったので、一斉に休憩時間をとることなく進めていたのですが、案の定 トイレに行き、草取り作業から離脱して休憩しようとする者も続出...。しゃがんだ姿勢のまま、ひたすら雑草と格闘し続ける学園生たちでしたが、時間が経つにつれ集中力は途切れ、手を止めてぼんやりしたり、同じ姿勢を続けることが辛くて立ち上がったりうろうろしたり、他の子たちのすぐ近くで草とりを始めたと思ったらしゃべっているだけだったりする子たちもでてきました。一方で、根こそぎ抜けたときの感触や気持ち良さを味わいながら、根気よく丁寧に除草し続けていた子たちもいました。
午後5時まで頑張って、この日の草取りを終わりにしました。

夜、天の川は見られませんでした。七夕飾りは、七夕の前日に飾りつけをし、七夕の夜中のうちに片づけるというのが一般的らしいです。7日中に片づけないと、せっかくの願い事が成就しないと伝えられているそう。7日の夜中のうちに片づけなかったので、学園生たちの願い事は叶わないかもしれません...。


19/07/10

ひとつ前に戻る