売木村山村留学センター
売木学園

〒399-1601
長野県下伊那郡売木村45-551
Tel:0260-28-2116
Fax:0260-28-2116
お問い合わせはコチラ

">HOME >  ブログ >  7月8日

売木村の山村留学ブログ

7月8日

朝にはまだ雨が降っていたものの、数日ぶりに雨があがった8日(日)の9時頃から、前日に引き続き、窓掃除を全員で行いました。
2018-07-08 (1).JPG
昨日 内側をきれいにした窓の外側を拭いていくのですが、全員分の脚立はないので、2人組を作って作業することに。水をはったバケツ・雑巾・新聞紙・脚立や台を持って外へ出た学園生たちは、昨日 最初に取り掛かった窓から順に掃除開始。
2018-07-08 (2).JPG
2人で相談し、濡れ雑巾で拭く役割と新聞紙で磨く役割にわかれる子たちもいれば、窓の上の方を担当する子と下の方を担当する子にわかれる組も。脚立や台に乗って掃除する役割と、下で雑巾を洗って渡したり新聞紙を手渡ししたりする役割にわかれて進める子たちもいました。
天気が良い日は空気が乾燥するので、窓についた汚れも乾いてかたくなっていますが、数日間降り続いた雨があがったばかりのこの日は、空気中の湿気が窓の汚れを浮き立たせてくれ、それほど力をいれて窓拭きしなくても汚れが落ちやすいという利点がありました。
2018-07-08 (4).JPG
なので、結構さくさく進み、開始から1時間半ほど経ったときには、コの字型のセンターの"コ"の外側部分はだいたい終わっていました。前日は、窓がきれいになっているのかどうかわかりにくかったのですが、この日は、窓の外の汚れを落として新聞紙で磨くと、目に見えてきれいになったので、やる気も失せなかった様。しかし、中には、作業は早いけれど雑で、あまりきれいにできていない子もいました。
2018-07-08 (3).JPG
11時からは、昨日 半数の子たちがしたのと同じように、残り半数の子たちが昼食作りのお手伝いをするために、窓掃除から離脱。5人が窓ふき続行。集中力が途切れてきたのか、ピカピカになっていない窓のまま、次の窓に着手する子が増えたため、それを手直しする要員を決めて、進めることにしました。終わりが見えてきたので、手直し要員がセンターをぐるりと回って確認すると、もう終わってきれいにしたはずの窓もサッシも「ここ、やってこれ?全然きれいになってないじゃん!」という状態のところが・・・。そこをやり直し、昼食前に一応全て終了。拭いた跡が残っているようなこともなく、本当にきれいになりました! ピカピカになった窓にはすぐ、蛾が止まったり、蜘蛛が巣をはったりし始めましたが、透明度が増した窓から、景色が非常に明るくはっきりと見えるようになりました!
2018-07-08 (5).JPG
昨日の七夕に因み、お昼ごはんは"流しそうめん"!! 昼食作りのお手伝いをしていた数人が、そうめん流し台を設置したり、流すものを準備したり、そうめんをゆでたりしていたのでした。久しぶりに太陽も顔を出したので、全員 帽子を被って外に集合。つけつゆや薬味を各自 お椀によそい、お箸を手に、13時ちょっと前から食べ始め。流れてきたそうめんに、歓声をあげるものの、うまく挟んで取ることができず、初めはかなり取り逃していた学園生たち。ほとんどの子が右利きにもかかわらず、流れる方向の左側を陣取った子が多かったのでした・・・。
2018-07-08 (6).JPG
位置取りを変え、多くの子が、流れる方向の右側にスタンバイ。お箸で挟まずに、構えておいたお箸にそうめんをひっかけたり絡ませたりして、大量に取る子も。皆 上手に取れるようになり、お椀からおいしそうにそうめんをすすっていました。
2018-07-08 (7).JPG
どんどん流れてくるので次々取り、お椀に山盛りになっているのに食べないで、流れてくるそうめんをまだ取っている子もいました。ポジショニングが良くないのか、あまり食べられていない子もいたので、飛ばし気味に食べていた子たちと場所がえするなども。
2018-07-08 (8).JPG
そのうちに、薄切りのきゅうりやレタスが流れてきました! 下流に位置取った子たちは、何が流れてきたのだろうと、目を凝らして見ていました。その後、ミニトマトやうずらのゆで卵など丸いものが凄い速さで流れてきて、皆 苦戦。何度も何度も流してもらい、ようやくひとつをお箸でつかんで口の中へ。「あ~、やっと食べられた!」と喜ぶ子も。
2018-07-08 (9).JPG
30分以上食べ続け、「もうおなかいっぱい!」「もうギブアップ・・・。」「休憩しよう。」と言っていたにもかかわらず、趣向を変えて、うどんが流れてくると、別腹なのか、再び食べ始めた学園生たち。
2018-07-08 (10).JPG
大量のそうめん・長~いうどんを皆で驚くほどたくさん食べ、更に流れてきた白玉だんごや缶詰フルーツなども、正しいお箸の使い方?で取って食べました。流れてくるものは全部、自分のものと言わんばかりにお箸をのばし、「そんなに食べて大丈夫?」と、大人の心配をよそに食べ続けた子どもたちでした。
2018-07-08 (11).JPG
もちろん、デザートのすいかも、全員ぺろり。凄すぎましたが、恐るべしはこの女子2人。他の子たちのお腹がはちきれそうになっていた頃、皆が取り逃したそうめんやうどん・野菜などを、もったいないので、流しそうめん台の最後に設置したザルで受けていたのですが、「これ、食べていい?」 流しそうめん開始から1時間が経ち、相当食べたはずなのに、まだまだ食べられるようで・・・。とにかく皆、楽しく、よく食べました!!
片づけの際には、激しい水遊びとなり、ずぶ濡れになった子どもたちから歓声とも悲鳴ともつかぬ声があがっていました。15時頃までかかって、片づけが終了。16時からは、夕食作りのお手伝いと太鼓練習に勤しんだ学園生たちでした。

18/07/08

ひとつ前に戻る