売木村山村留学センター
売木学園

〒399-1601
長野県下伊那郡売木村45-551
Tel:0260-28-2116
Fax:0260-28-2116
お問い合わせはコチラ

">HOME >  ブログ >  11月6日

売木村の山村留学ブログ

11月6日

村の 秋色感謝祭&新米まつりが開かれ、学園生たちは、ふるさと館会場でのステージの部に、"うるぎ子ども太鼓"メンバーとして出演しました。今期の太鼓演奏初舞台ということで、ここ数日間は一度の演奏でバシッときめる練習をし、室内ではなく野外での初演奏ということで、この日の朝、センターの外で練習をしてから、会場へ向かったのでした。
11-6 (1).JPG11-6 (2).JPG準備をし、太鼓の指導を仰いでいる藍羽さんのお話を聞いてから、板につき・・・11時に。アナウンスが流れ、Jさんの挨拶から始まりました。そして、1曲目は"三宅島神着木遣太鼓"を発表。全員で木遣唄を大きな声で歌い、太鼓を打ちました。
11-6 (3).JPG11-6 (4).JPG皆で動きを合わせることや、お互いの音をよく聞くことを意識しながら、大きな声でかけ声をかけたり、腰を低く落として打ったりしていました。
屋外での演奏なのでなかなか太鼓の音が響きませんでしたが、音を合わせることを大切にして打ち、そろそろ打ち止めるという意味の唄をkaさんが唄い、皆で早打ちをして終了。最後はピタッと合い、お客さんたちから、大きな拍手をいただきました。
11-6 (5).JPG11-6 (6).JPG次に、"楽"という曲を披露。藍羽さんが作られた曲で、うるぎ子ども太鼓のメンバーに、大人の太鼓チームの人たちが加わってくださり、一緒に演奏しました。
11-6 (7).JPG11-6 (8).JPG一人ずつ大太鼓を打つところも、締め太鼓をリズムよく打つことも、笛方のパートのところも、練習の成果を発揮できました。
大太鼓についた3人で回転しながら打つところも、遅れないように動いたり、元気よくかけ声を出したり。躍動感にあふれていました。
11-6 (9).JPG11-6 (10).JPGとにかく、皆で楽しく打つことができました! 楽しげな音色に誘われて、お客さんも寄ってきてくださいました。最後のポーズも決まり、拍手喝采!!

演奏後、藍羽さんからは「今までで一番良かったよ!」とお褒めの言葉をいただき、皆、自信になったよう。楽しさをもっと顔に出して笑顔で太鼓を打つことや、細かいところでの課題はまだまだありますが、13日後に迫ったセンターの収穫祭にむけて、貴重な練習の場となりました。
11-6 (11).JPG11-6 (12).JPG会場を30分ほど自由に過ごした学園生たちは、12時から"かかしコンテスト"の審査発表と表彰式に参加。9月の初めに皆で作り、出展した『山留生』という案山子です。投票による入賞や村長賞には届きませんでしたが、売木村イベント実行委員長さんが特別に表彰してくださいました! できるだけ自分たちで作った案山子なので、喜びもひとしお。賞品までいただきました!

お昼ごはんのお弁当を芝生の上で食べ、食休みをしたら、センターへ戻り、昨日、作業半ばで終わってしまった脱穀の続きをしました。ご近所の方に、お借りしたハーベスターはすこぶる調子が良く、1時間もかからないで終了。昨年は不作だったもち米ですが、今年は豊作の様です!!


16/11/08

ひとつ前に戻る