売木村山村留学センター
売木学園

〒399-1601
長野県下伊那郡売木村45-551
Tel:0260-28-2116
Fax:0260-28-2116
お問い合わせはコチラ

">HOME >  ブログ >  6/21 学校開放日②

売木村の山村留学ブログ

6/21 学校開放日②

6-21 (1).JPG6-21 (2).JPG
6/21は学校開放日でした。今回は普通の授業ではなく、小中学校 児童会・生徒会 主催の"売木なかよし交流会"の参観。小中学生のお家の方だけでなく、保育園の子たちや地域の方々も集まっての交流です。学園生のお家の方も2家族、受け入れ農家の父さん母さんたちも数名、お見えでした。事前交流では、各自名札を作り、13班にわかれて、お茶とお漬け物をいただきながら、自己紹介。その後、◯☓クイズが行われ、同じ班の人たちと話し合って◯か☓か答えを決め、楽しい時間を過ごしました。それから、出店が始まりました。
6-21 (3).JPG6-21 (4).JPG
小中学生たちは、出店の担当もするし、お客さんにもなります。前半に出店を担当する子たちは、後半に出店を回り、前半に出店を回った子たちは、後半は出店を担当。出店を回る時は、優しく声をかけながら、同じ班の保育園児の手を引く学園生の姿がありました。
小学3・4年生の出店は"とんとん相撲""紙皿的あて""恐竜のたまご作り"ができる『ミラクルゲームセンター』。学園生のJさんは、拙いなりにも一生懸命とんとん相撲の説明をし、紙相撲を楽しんでもらっていました。
ビー玉とアルミホイルで作れる"恐竜のたまご作り"は大人気の様でした! Ytさんも、恐竜のたまごの柄になる模様や絵を、熱心にアルミホイルに描いていました。
6-21 (5).JPG6-21 (6).JPG
小学1・6年生は、"マジックたね見破り""手相占い"の出店。Hrさんは、お客さんに幾つかの中からひとつ選んでもらい、マジックをやってみせ、そのたねを見ぬいてもらうというコーナーを担当。YkさんやKaさんは俄手相占い師に扮し、しっかり調べて覚えた手相の見方で、多くの人の手相を占っていました! 受付や景品渡しなどでも、てきぱき対応していました。後で「手相占い、おもしろかったわねぇ~。」と話す地域の方もいらっしゃいました。
小学2・5年生は、3つの遊び"おばけやしきの中での宝探し""魚釣り""スーパーボールすくい"ができるお店を出していました。出店回りをしていた学園生たちの中には、景品のスライムをもらい、喜んでいた子も。
6-21 (7).JPG6-21 (8).JPG
ユーモラスな転がり方をする"恐竜のたまご"作りワークショップは、やはり人気を集めており、Tさんが店番をしている時には、たくさんの人が押し寄せて、なかなか大変そうでした。中学生のKyさんも嬉しそうに体験していました!
中学生の出店は、"たたいてかぶってジャンケンポン"。じゃんけんをして勝ったら、新聞紙を丸めて筒状にしたものを手に取り、相手を叩くことができ、負けたら急いでヘルメットをかぶり、叩かれるのを防ぐという遊びです。中学生女子同士で楽しんでいたKeさんの姿がありました。
6-21 (9).JPG
HkさんはH先生相手に、何度も戦いを挑み、次第にヒートアップ! 自分が勝つと、丸めた新聞紙を掴み取りながらイスから速攻で立ち上がり、「オリャーッ!!」と叫びながら、渾身の力を込めた一撃を加えていました。そんなに思いっきりしばかなくても・・・と、少々あきれながら笑う周囲の人たちも・・・。そんなことはおかまいなく、楽しく激しくストレス発散?して、どや顔を見せていたHkさんでした!!

これまで時間をかけて準備をしてきて、来てくれた人たちも自分たちも楽しむことができ、また交流ができて、大満足の子どもたちでした。

16/06/24

ひとつ前に戻る