TOP > 行政情報 > 地域おこし協力隊のブログ > 修園のつどい(山留)

行政情報

地域おこし協力隊のブログ

修園のつどい(山留) (2017.4.19)

原稿未公開のままにしてあったのを忘れていました...
投稿遅れてすみませんでした。

こんにちは。
山留センターの有坂です。

先日の文芸祭は衝撃的でした。
私は東京に住んでいたので、市民全体で行事を行うことがほとんどなく、
そこに住む人たちの関わりの強さに驚きました。

その文芸祭で、学園生は太鼓の演奏をしました。
秋色感謝祭、収穫祭と、人前で何度も太鼓を叩いてきた学園生ですが、今回はなにやら緊張していた様子。
ふだんよりもピリピリしてるように見えました。
太鼓出演.JPG
精一杯太鼓を叩き、舞台から戻ってきたときに、「手汗かいた!」と笑いながら話していました。

3月5日にお別れハイキングをしました。
一日かけて売木を歩き回りました。
山留センターから始まり、軒川、南一、南二、旭、岩倉と回って戻ってきました。
距離にすると27km......!今までで最も長い距離かもしれません。

この日は8時30分にセンターを出発。
出発前.JPG
探検ごっこをしたり、おしゃべりをしたりして歩きました。
探検ごっこ.JPG
去年の4月にやった村巡りを思い出す子も。
あの頃は右も左もわからない売木の道を迷いながら歩いていました。

お昼ご飯を食べる前に休憩。
少し疲れが出てきた様子。
昼寝.JPG
ご飯を食べたら再び歩き始めました。
ヤギがたくさん生まれたというヤギ牧場に寄り道。
ヤギと触れ合う.JPG
子ヤギと触れ合い「かわいい!」と言ったり、大人のヤギをみて
「でか!!」「声が低い!」と感想を漏らしていました。

センターに戻るころにはお疲れモードに。
ハイキング後半は会話も少なくなっていた気がします。
センター到着.JPG
売木に来たばかりのころを思い出し、楽し歩くことができました!

3/17 修園のつどいをしました。
今日で一年間の山村留学はおしまいです。
修園のつどいが近づくにつれて学園生もそわそわしていました。
来年、実家に帰る学園生はこれでお別れになります。
普段よりも他の学園生や指導員によく接してきました。

つどいが始まる前、農家さんや村の人、学校の友達、修園生がセンターに集まってきました。
多くの人に会うことができて普段よりも浮かれている様子でした。

しかしつどいがはじまると表情は一辺。
緊張した面持ちになりました。
入場.JPG

ステージの上で一年間の活動の振り返りや、ここにきて感じたことを発表しました。
修園生.JPG
修園生は一人一人に修園賞を受け取りました。
修園賞.JPG
つどいが終わると会食会が始まりました。
農家さんや学校の友達とはなしたり、学園生同士でじゃれついたりしていました。
毎回恒例(?)の太鼓の演奏も。
太鼓の演奏.JPG
今日でお別れになる学園生もいて、最後には笑顔で送り出しました。

34期山村留学が終わりました。
実家に帰っていた学園生は、売木で過ごした一年を忘れずにいてほしいです。

4/3に35期山村留学がスタートします。
男子女子6人ずつの計12人です。
体験に来ている子たちばかりとはいえ、まだまだ知らない部分が多いので
楽しみです。

このページの上へ▲

「地域おこし協力隊のブログ」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。