TOP > 行政情報 > 地域おこし協力隊のブログ > 山村留学センターの夏

行政情報

地域おこし協力隊のブログ

山村留学センターの夏 (2016.9.26)

こんにちは、先週の雷でネットが使えなくなり更新が遅れてしまいました。

売木村岩倉地区の山村留学センターで働いている有坂です。

山村留学センターは夏休みの間、普段は忙しい学園生は実家に帰ってのんびり過ごしています。子どもがセンターからいなくなり、仕事がなくなる......!!

なんてことはありません。夏の短期の活動が始まります。

都会の子どもたちが夏休みを利用してセンターに来て、何日かを過ごします。売木で一年間の留学をぎゅっと数日に詰め込んだものが夏の短期活動です。

 センターでは大きく3つの活動をしました。

・南信濃山村生活班

 ・南信濃チャレンジ班

 ・南信濃長期班

 どの活動も参加者は30人を超えています。

そのため、普段のセンターと比べとても賑やかな毎日になります。

 活動はどの班も似たものが多いです。

山村ブルーベリー.JPG


売木を知るために、村巡りをしました。村巡りの途中、ブルーベリーを育てている人に「実を取って食べていいよ」と言われ、大喜びで食べていました。

 活動の中には

売木の特産品・ブルーベリーの収穫や、

チャレンジ ブルーベリー狩り.JPG

五平餅づくりなど、売木の特産品や郷土料理に触れる機会もあります。

チャレンジ 五平餅作り.JPG

また、太鼓の活動がある班もありました。およそ10年前に売木で生活した山留生に指導してもらいました。

 

それぞれ真剣に太鼓を叩いていました!スタッフとして短期の活動に来た元山村留学生も一緒に太鼓に打ち込むときも。

長期 太鼓発表.JPG

最終日前夜には太鼓の発表会も。選択活動のほとんどを太鼓の練習にした子もいるほどでした。

長期 ナイトハイク昼.JPG

ナイトハイクもしました。昼なので「ナイト」ではありませんが、平谷村のうつぼからスタートし、峠を歩きながらセンターの岩倉を約6時間かけて歩くので最後のほうはもう日が暮れています。

長期 ナイトハイク夜.JPG

この日の天気予報で、夜は雨になっていたのが見事的中...。雷を伴う大雨になり、ナイトハイクは中止になりました......。

この後、車でセンターに戻り温かいお風呂に入りました。

長期 盆踊り.JPG

活動最終日の帰りのバスや電車の中は疲れて寝てしまう子が多かったです。

子どもたちは売木を満喫して家に帰りました。

売木の活動は楽しいことばかりではなく友達とケンカしたり、ホームシックで泣き始めたりした子もいました。ですがそういう経験を小さいうちからたくさん積むことがとても大切なのだと思います。どの班も最終日に保護者の方の顔を見た子どもたちはとてもうれしそうでした。

夏の短期の活動は朝630分起床、就寝0時以降で、起きている間はずっと活動があったのでかなりハードでした。体重を量ってみると3㎏ほど痩せていて驚きました。

大きなケガ・事故なく短期を終えることができるかどうかとても心配でしたが、無事に終えることができました。短期の子どもと接していただいた村の方々、活動を裏で支えていただいた方々のおかげです。ありがとうございました。

...そして、売木の小中学校の夏休みが終わり、学園生がかえってきました。二学期がはじまります。

学園祭は久しぶりに再会し、センター内は大騒ぎでした。

たったひと夏見なかっただけなのに背が伸びたように感じる子が何人かいてびっくり!

帰留.JPG

どの子も日焼けで真っ黒でした。

夏休みの宿題.JPG

中には夏休みの宿題を一切しないで戻ってきた子も...。

学園生は夏休みの思い出をたくさん話してくれました。

その日のうちにお母さん、お父さんと別れ、忙しい学園生活が始まります。

このページの上へ▲

「地域おこし協力隊のブログ」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。