TOP > 行政情報 > 地域おこし協力隊のブログ > 農作業

行政情報

地域おこし協力隊のブログ

農作業 (2016.6. 1)

南1金木の平野真稔です。丁度本日6月1日で採用1年が経過致しました。

協力隊での主な仕事は、松村一サンに付いて「みょうが」の出荷を継続していく事です。

昨年8月5日から9月23日まで週に2回のペースで、豊川・豊橋・静岡・浜松の青果市場に同伴し、市場のシステムを学びました。

 昨年末からみょうが畑を借り、自身でみょうが栽培、管理、出荷に携わることで、                        生産者の大変さも身に染みて感じられる事と思います。

 みょうが以外は何をやってるんだ?ってことですが、

一番に力を入れての取り組みが「ライ小麦」の生産です。                                         現在岩倉地区と金木の畑で収穫間近のライ小麦がスクスク育っています。

P5292210.JPG

「ライ小麦」ってあまり聞かないですよね。ライ麦と小麦を掛け合わせた品種で、雨にも比較的強いと云う事で昨秋より栽培を始めました。

 グルテン含有率が低い為にパン屋で見かける「硬いパン」が作れますが、加工に関しては試行錯誤しております。

練って広げて(クレープのようにして)売木野菜・鹿肉の燻製 かハムを巻いて                         「ラップサンド」にして。麦茶を添えて提供できるのが今夏になるでしょうか・・・。

 鹿ハムを昨冬に挑戦しました。                                               風乾初日↓↓

IMG_0848.JPG

風乾1ヶ月後↓↓(美味そう)

IMG_0895.JPG

結果、風乾開始の時期が遅かった為にウジ虫君が・・・・(泣)                  今冬は完璧な鹿ハムを完成させますので、美味しいワイン貯金します。

 昨冬にもう一つ作った物があります。丸太倉庫です。ほとんど廃材、頂き物の丸太をコツコツやりました。

P5292213.JPG

P5292214.JPG

まだ半分の状態ですが、作業スペースや資材置き場になる予定です。 

 毎日が楽しくて面白くて勉強の日々ですが、目指すは「百姓」。                                 今のところ「二十姓か三十姓」。先は長いです。

このページの上へ▲

「地域おこし協力隊のブログ」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。