TOP > 行政情報 > 地域おこし協力隊のブログ > デザインの仕事1

行政情報

地域おこし協力隊のブログ

デザインの仕事1 (2016.5.17)

こんにちは。地域おこし協力隊2年目になりました、平井庄子です。活動内容は週1回ペースで更新する「村長だより」と最近では桜の開花情報などのほか村の広告や商品に関わるデザインや資料館の整理活用の任務があります。

▽最近の広告の仕事

修正版オケ友0322.jpg a.jpg
また、愛知県の東栄町の協力隊とユニットを組み、自身の能力を最大限生かして両町村を舞台とした新しい情報発信を行おうという企画に力を入れています。知名度や交流人口を増やせれば、ということはもちろんありますが、任期終了後の自身の展開を広げるため、「やりたいこと」として村の方々にはご理解をいただき、活動の一環でやらせていただいています。

茶飯事 (web上にて展覧会情報など掲載しています)

冊子と展覧会とweb等により情報発信していきます。
冊子はふるさと館やこまどりの湯をはじめとした周辺地域の道の駅や、東京・大阪・京都など都市部の書店やデザインショップなどにご協力いただき、全国2000部以上を配布しています。
IMG_9084.jpg

5月22日23日に東栄町ののき山学校にてPPバンドで作られたかごの展覧会を開催いたしました。作り手は加藤ハツエさんという温泉が好きなおばあちゃん。
IMG_8873.jpg

展覧会ではPPバンドで展示台を宙につり、素材の強度をブランコとして表現しました。
廃校の薄い天井板なので乗れる強度がないですが、子供達が走り回って喜んでくれてよかった。展示の要となった長い木材は東栄町の製材屋さんにご協力いただきました。急な申し出にもかかわらず、快く話を聞いてくださり誠に感謝しております。アスパラ菜をいただきましたが、美味しかったです。
IMG_9115.jpg
IMG_8991.jpg
ハツエさんのかごを作る様子を映像にして展示。繊細な仕事の様や、日々のことを少しずつ語ってくださる雰囲気を伝えるために少し見えにくくはなりますが薄いオーガンジーの布を通して映像を投影。私は音楽が作れないですが、エンディングに東栄町で流れる夕方の音楽を使用しました。ハツエさんや町の人が毎日聞く音です。
(売木村なら17時になると流れる「遠き山に日が落ちて」にあたります。)
かごそのものを置くだけではなく、ハツエさんの仕事や人柄について伝えるためにはどうしたらいいか、茶飯事内で何度も改良を重ねました。

IMG_9310.jpgご来場いただいた方には、ゆったりしていただくために売木村のたかきびまんじゅうと「私のかご」展コースターでおもてなしをいたしました。コースターはお持ち帰りただきました。もちろん売木村紹介のお話も添えて。

IMG_9298.jpg
和室のほうでは、ハツエさんのかごの作成工程を立体で展示。また、日々の暮らしの中でのかごの使い方を少し想像しやすくするために、写真展示を行いました。
IMG_9260.jpg
写真撮影の場所でお借りしたお宅は、東栄町の粟代という地区にある素敵な風通しの良い住宅です。お住まいになっている方もとても素敵な方で、大変お世話になりました。たくさんの方々にご協力いただき、いい提案の仕方が実現できました。
IMG_9177.jpg

おかげさまで、商品としてハツエさんがGOを出した品である20個はご来場いただいた方々にもらわれていきました。お客様がちゃんとお話を聞いてくださり、納得して選んでいただいたかごたちなので、大切にしてもらえるのだろうなあと想像しています。

 

IMG_8986.jpg
茶飯事は売木村と東栄町を舞台にして、今後も活動をしていきます。たくさんある町村の中の日々のいいものから、丁寧な目線で選んだものを少しずつですがいろんな方々に紹介していけたらと思っています。
IMG_9144.jpg
私はものづくりや見ることを通して今までやってきたので、こうした企画をやると、本気でたくさんの方々とコミュニケーションを取っている実感がわきます。今回も、たくさんの知らなかった方々と知り合い、話すことができて嬉しかった。そういうことから、もっと自分の住んでいるところの良さを知ってもらいたいという欲が湧いたり、伝えるためにどうしたらいいか工夫したり考えることにつながります。
次回は売木で夏に展示ないしイベントを企画しますので、変なことも相談してしまうかもしれませんが、ご協力やご参加、見守りどうぞよろしくお願いいたします。

このページの上へ▲

「地域おこし協力隊のブログ」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。