TOP > 行政情報 > 村長だより > 台風20号の影響と復旧対策

行政情報

村長だより

台風20号の影響と復旧対策 (2018.9.11)

8月23日 台風20号接近の中、盂蘭盆踊りが行われました。雨が降っておりましたので、文化交流センターぶなの木の大研修室へ新盆家庭から持ち寄られた盆灯篭を囲んで踊りが続きました。雨間を見て外に出て灯篭を燃やし、周りで盆踊りをして御霊を送りました

20180911_01.jpg


8月29日 環境美化作業が行われました。観光施設、国道沿いなどの草刈りが実施されました。この日は議員の皆様を始め安協役員、村職員の皆さんが一丸となって村内を綺麗にしていただきました。

20180911_02.jpg


8月30日 国道418号新久助橋の安全通行祈願祭が行われました。軒川バイパス工事に伴い県道阿南根羽線が9月18日から一時通行止めになるため、新久助橋を通って迂回することになりました。建設事務所、村、地元代表、工事関係者が出席して安全を祈願しました。

20180911_03.jpg


8月31日 広域連合臨時議会に出席しました。補正予算案など即決議案の審議と議決が行われました。

20180911_04.jpg


9月3日 長野市にて長野県道路期成同盟会に出席しました。

20180911_05.jpg


9月2日 村民の皆様に気球に乗って上空から見ていただくグラウンドのお披露目を計画しておりましたが、天候不順のため残念ながら中止となってしまいました。
早朝から職員やボランティアの皆さんに集まっていただきましたが、午後に見送りました。しかし結局、天候が回復せず中止となりました。楽しみにしていた皆様にご迷惑をお掛けしました。


9月4日 広域連合正副部会長会議があり、台風接近の中で飯田市へ向かいました。売木村を出る時はときおり風雨が強いこともありましたが、飯田市は静かな状況です。会議中も台風の状況が心配でした。会議終了後、午後2時に村へ戻ると最大風速が21メートル、雨量が78.5ミリとなっておりました。

20180911_06.jpg

1時間後には風雨が強まり最大風速23.5メートル、雨量は103.5ミリとなり台風が接近している事がうかがえます。3時40分にはこの日の最大風速24.6メートルを記録し雨量も120ミリとなりました。午後5時、災害警戒本部を立ち上げ自主避難も呼びかけ警戒に当たりました。午後10時になると最大風速は4.9メートル、平均風速は1.5メートルと風は納まってきましたが、雨は相変わらず降っております。

20180911_07.jpg

このまま静かになってほしいと思っていた午後10時半すぎ、激しい雷雨となりました。この1時間に64ミリという激しい雨が降りました。11時50分避難準備情報を発令して警戒を呼び掛けました。雨も弱くなってきた5日午前2時10分避難準備情報を解除して2時半に警戒本部を解きました。総雨量は321ミリとなりました。夜が明けてからの被害状況が心配になります。やはり災害が村内至る所で発生しており、役場に情報が集まってきます。
職員は災害調査に手分けして当たります。消防団にも出動していただき応急の復旧対策にあたっていただきました。

20180911_09.jpg

20180911_10.jpg


9月8日 高規格緊急自動車及びドローンを飯田広域消防に株式会社セイコーアドバンスさんからご寄贈いただき、その受納式が行われました。セイコーアドバンスさんは飯田市に設立され70周年を迎えられました。それを記念して南信州広域地区の防災、救急活動に役立てていただきたいと、多額なご寄付をしていただきました。

20180911_11.jpg

20180911_12.jpg


11時からは根羽村新庁舎落成式に出席しました。旧老人福祉センターしゃくなげを役場新庁舎に整備され、根羽スギ、根羽ヒノキなど地域材を利用した新庁舎は木の香りがするバリヤフリー設計で、環境と省エネルギー配慮した総工費5億4,600万円をかけた素晴らしい施設になっております。 

20180911_14.jpg


9月9日 大地震を想定した防災訓練を行いました。全村民を対象にした訓練は昨年に続けて2回目となります。昨年は豪雨災害、今年は地震と訓練内容を変えたことにより、避難所で迷う人も出て課題がたくさん見つかりました。課題を解決して有事の際の避難がスムーズにいくよう検討していきます。ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。
20180911_16.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。