TOP > 行政情報 > 村長だより > ささゆり開花と地域間交流

行政情報

村長だより

ささゆり開花と地域間交流 (2018.6.27)

6月12日 役場前のロータリーに村花ささゆりが綺麗に咲きました。役場に来ていただく村の皆さんにも楽しんでいただけるかと思います。


6月13日 売木村地域振興ゴルフ大会が茶臼山ゴルフ場で開催されました。この日を楽しみにしていたのですが、私は風邪のためドタキャンです。梅雨の合間の良い天気に恵まれ66名の参加をいただきました。開会の挨拶だけさせていただきました。

20180627_02.jpg


6月14日 広域連合会議、町村会が飯田市で開催されました。会議終了後、地元選出県議会議員の皆さんとの意見交換会が行われました。南信運転免許センターの誘致等について意見交換を行いました

20180627_03.jpg


6月16日 今年3回目のうるぎ米育て隊が開催されました。今回は隊員の皆さんはいくつかの班に分かれて農家の仕事を手伝います。昼食は岩倉ダムにて、そだて隊スタッフや農家の皆さんとバーべキュー交流会でした。

20180627_04.jpg

私は挨拶を済ませて名古屋市に向かいました。売木村と長い交流のある愛知東邦大学で東邦高校マーチングバンドと大学のマーチングバンドが合同で活動することになり、マーチングバンド後援会の設立式に出席しました。そして迫力ある合同演奏会を楽しませていただきました。

20180627_05.jpg


6月18日 早稲田大学名誉教授で文学博士の「宮口としみち先生」をお迎えして新緑の夕べ講演会を行いました。「いい形の移住と求められる地域の姿勢」~売木村の価値は何かを問う~という演題でした。30名を越す皆さんに出席していただきました。先生から、自分の講演会でこんな少人数は初めてと言われましたが、「村民の5%が来ております」と言うと今までで一番多いのかなと苦笑しておりました。先生は地域おこし協力隊の元となった集落支援員制度を立ち上げた方で「若者が農山村に関心を持つ時代に交流に重点的に取り組むのは理の当然であり、地域づくりとは外部の人の眼を活かすことで、今や常識である」等の話をお聞きしました。

20180627_06.jpg


6月21日 平成30年第2回議会定例会が開会しました。議員2名からふるさと館関係の一般質問がありました。


6月22日 長野県建設部へ下伊那土木振興会で要望活動に行ってきました。売木村は国道418号の整備促進と県道大平山松葉線の拡幅改良のお願いをしました。


6月24日 飯田青年会議所の皆さんが炭焼き体験と視察にいらっしゃいました。歓迎の挨拶と村の話をさせていただきました。窯からの炭出し、炭切、窯詰めを体験されました。

20180627_07.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。