TOP > 行政情報 > 村長だより > 村民が大活躍、文芸祭がにぎやかに開催

行政情報

村長だより

村民が大活躍、文芸祭がにぎやかに開催 (2018.3.15)

2月25日 売木冬季大学と第36回文芸祭が開催されました。
冬季大学では遠藤実音楽財団のご協力により、「北国の春」の作詞で有名な長野県出身のいではく先生と、音楽研究家の長田暁二先生に「歌はこうして生まれた」「ヒット曲にまつわる裏話」という題でご講演をしていただきました。

20180315_17.JPG


午後からは保育園児の可愛いダンスの発表から芸能発表が始まりました。今年は16団体の皆さんが出演して、それぞれに日ごろの練習成果を発揮した発表が夕方4時過ぎまで続きました。会場は、笑いと歓声に包まれ、和やかに終了しました。

20180315_03.JPG

20180315_04.JPG

20180315_05.JPG

20180315_06.JPG


2月28日 2月5日に始まった念仏講が24日間が経ち、中回向を迎えました。寒い中、村の安全と村民の安心安全を祈願して毎日念仏をあげていただいております。あと24日間よろしくお願いします。

20180315_07.JPG


3月1日 昨年11月に売木村から名古屋まで100キロをリレーマラソンでたすきを繋いだ小学校6年生の皆さんが、開催協力者の皆さんを招いて行ったサンクスパーティーに招待してくれました。ゴールで大歓迎で迎えてくれた名古屋の市民ランナーの代表の方もパーティーに駆けつけていただき、皆で子ども達の手造りのおもてなしを堪能しました。

20180315_08.JPG

新潟県の粟島浦村の村長さん以下6名の皆さんが山村留学の視察にいらっしゃいました。粟島浦村は村上市岩船港の北西35kmに位置する人口約350人の小規模離島の村です。平成25年から「しおかぜ留学」という留学生の受け入れを始めて、今後の参考にということで遠方より視察に来られました。

3月4日に開催されるびわ湖毎日マラソンに出場する地域おこし協力隊の伊東和也選手の壮行会を行いました。この大会の出場資格を得るために練習を積み重ねてきておりましたが、昨年の防府マラソンで念願の2時間30分の壁を突破することができました。
目標にしていた大会に出場できるまで記録を伸ばしてきたことはよく頑張ったと思います。大勢の皆さんが応援に駆けつけてくれました。

20180315_09.JPG


3月2日 飯田市のアピタ特設会場で行われた森林認証パネル展で、売木村の出展を見てきました。先に認証を受けた根羽村に続き、売木村、天龍村、飯田市野底山財産区、飯伊森林組合が森林認証を取りました。売木村の木材は認証材として保証され出荷することができます。

20180315_11.JPG


3月9日 3月議会定例会が開会しました。所信表明の挨拶で今年度の売木村の方針を述べさせていただきました。会期は22日までです。

20180315_10.JPG


3月10日、JAみなみ信州本所竣工祝賀会が開催されました。3月12日から営業部、経済部が営業開始となり、順次移動して本所機能が本格稼働します。

20180315_15.JPG

三遠南信自動車道飯喬道路 龍江IC~飯田上久堅・喬木富田IC間の開通式が行われました。まだ途中区間の開通ですが、来年の天竜峡大橋が開通することにより天竜峡ICと繋がります。

20180315_13.JPG

20180315_14.JPG

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。