TOP > 行政情報 > 村長だより > 売木の冬の風物詩「念仏講」

行政情報

村長だより

売木の冬の風物詩「念仏講」 (2018.2. 7)

1月29日 飯田市でJAみなみ信州と行政の懇談会があり出席しました。JAの今後の取り組み方針をお聞きしました。中山間地域の農業を支えるためにも頑張っていただきたいと思います。

20180207_1.jpg


2月2日 南岸低気圧の影響でこの冬一番の積雪となりました。朝早くから除雪車が忙しく動いております。雪かきお助け隊員も活動していただいております。

20180207_2.jpg

飯田市で三遠南信道路とリニア中央新幹線建設促進南信地域期成同盟会総会がありました。29年度補正予算で三遠南信道路には多額の予算がつき、工事が順調に進捗しそうです。

20180207_3.jpg


2月5日 1760年(宝暦10年)から売木村に伝わる念仏講の初回向が行われました。約260年続いている無形民俗文化財です。念仏講信仰部の皆さんにより48日間に渡って村内の無病息災を祈願して念仏が続けられます。

20180207_4_2.jpg


2月6日 広域連合で運営されておりました焼却場桐林クリーンセンター連絡協議会定例会が開催されました。平成29年12月より上久堅稲葉地区に新しい焼却場が開設し、この会議も最後となります。長年にわたり焼却場施設が運営できたのも地元の皆さんのご理解のおかげであります。ご協力いただいた地元自治会の皆さんに広域連合長より感謝状が贈られました。

20180207_5.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。