TOP > 行政情報 > 村長だより > 子ヤギの増加に空家改修

行政情報

村長だより

子ヤギの増加に空家改修 (2017.4.17)

4月13日 根羽村を拠点の一つとし、日本の地域に眠る資源をプロデュースしている「WHERE」の皆さんが売木村を訪問してくれました。
20170417-10.jpg
今、お隣根羽村で空き家の活用など連携した取り組みを行っております。村内を案内して村の様子を見てもらいました。ヤギの畜舎では今年も30頭の子ヤギが生れ元気にミルクを飲んでおりました。徐々に離乳され、これからはヤギミルクの販売も始まります。
20170417-11.jpg


4月14日 町村会と広域連合会議が飯田市で開催されました。席上下伊那郡町村会自治功労表彰がおこなわれました。特別職8年以上、一般職20年以上の人が該当します。一般職で14名、特別職で1名が表彰され、代表して柳島大鹿村長が松島町村会長より受賞しました。
20170417-3.jpg

4月15日 今年も始まりました「うるぎ米そだて隊」は10年目を迎えました。常連さんから初参加の方まで、また子どもから大人まで58名の参加をいただき11月の米の取入れまで、7回開催されます。今日はモミまきと椎茸の駒打ち作業です。
20170417-4.jpg
20170417-5.jpg
例年お昼は桜の木の下でうるぎ米のおにぎりと漬物などで昼食をとりますが、今年は桜の開花も遅れており桜の下での昼食とはなりませんでした。


この日、今年度村で取り組む「企業連携心のデトックス事業」で東京の企業の社員ら6人が村を訪れ空き家など村内視察をして改修方法など検討されました。この事業はIT企業などパソコンを長い時間使う皆さんが、空き家の改修をして、そこを拠点として農作業やマンパワーの不足している村の仕事を手伝う事により村民との交流、田園風景で心をリフレッシュして仕事でまた活躍できるようにと企画しました。
20170417-7.jpg
ヤギ農家では子ヤギとふれあい、空き家では色々な活用アイディアが出され夢も膨らんでおりました。
20170417-6.jpg
夕方からの交流会では村の話で盛り上がりました。
20170417-8.jpg

4月17日 日本一過酷なマラソン「うるぎトライアルRUN」開催に向かっての記者発表を行いました。
20170417-9.jpg
10月8日に村内全域を使って走るマラソンは起伏に飛んだ厳しいコースでの大会ですが、走った後には不思議と癒されるコースだと良い評価をいただいております。
只今、出場者を募集しておりますので申し込みよろしくお願い致します。
http://www.urugi.jp/2017/04/108.html

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。