TOP > 行政情報 > 村長だより > 音楽祭PR活動始まる

行政情報

村長だより

音楽祭PR活動始まる (2016.12.12)

12月7日 来年の音楽祭は5月20日開催に決まりました。ここ三回は毎年開催日が定まらずにおりましたが、来年からは5月開催で定着させていく事になりました。そんなことから準備を急がなくてはなりません。今日から音楽祭協力依頼、長野県への要望活動等9日まで出張が続きます。
名古屋で音楽祭にご協力いただいた株式会社JTNを早朝訪問させていただき、その後ボリビア音楽の演奏で会場を盛り上げていただきましたチャスカ&BBNの代表の皆さんとお話をして協力をお願いしました。

長年に渡り交流をさせていただいております。東邦大学をお訪ねしました。今年の音楽祭ではオープニング演奏は東邦大学吹奏楽団グリーンピースの皆さんでした。理事長さん達にお会いして引き続きの協力をお願い致しました。全国高校野球大会で今年も活躍されたお話や地域おこし、教育問題等色々なお話ができ、時間のたつのも忘れて良い話ができました。
15355767_614853972050584_6807631590672725316_n.jpg
名古屋から富山県高岡市に向かいました。売木村に採石場があり売木石、岩倉石と名前を付けて採掘をしておりました山岡石材工業株式会社を訪問して、音楽祭への協力のお礼と引き続きのお願いをしました。今は原石は中国産に押されておりますが、売木村の青御影石に惚れ込んでいただき採掘をしていただいておりました。15319238_615285745340740_155270115039385591_n.jpg
今は会長職になられた前社長さんにもお会いしました。売木村が第二の故郷だと売木村に込めた思いを聞かせていただき、先を考えた会社経営に対する熱い思いを聞くことができ勉強になりました。15400949_615285502007431_574884606914518320_n.jpg

12月8日 長野県千曲市の株式会社モキ製作所を訪問しました。音楽祭のテーマでありました「もういちど木と暮らそう」でマキストーブなど出展協力をしていただきました。社長さんにお会いできお話をすることができました。鍛冶屋さんの4代目に生まれ、小さなうちから燃焼の研究を始められ、先を見据えた経営理念を待たれて自社製品の開発と特許取得を進めてこられ、次々に環境に配慮した新製品の開発をなされてきた熱いお話を伺いました。15380637_615524635316851_7542377153917648898_n.jpg

この二日で二人の社長さんにお会いしてお話をさせていただきましたが、石屋さんや鍛冶屋さんから大きな会社を立ち上げたお二人のお話には、先を見通した熱い思いと度胸があり、共通するところを感じ良い勉強をさせていただきました。

12時過ぎから長野県庁で売木村議会の皆さんと要望、陳情活動を行いました。
自民党県議団長さん、教育委員会、建設部、長野県議会へ小規模自治体への自立支援という事で様々な課題につきまして要望してきました。CIMG5325.jpgCIMG5329.jpgCIMG5330.jpg

12月9日 浜松市に向かいNPOふじの国、ライブハウス窓枠、静岡新聞社、NPO三遠南信アミ、FM放送局ケイミックスを回り音楽祭への協力お礼とお願いをしてきました。
15492160_616268781909103_259180377917215389_n.jpg15492039_616268908575757_2696029021400880248_n.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。