TOP > 行政情報 > 村長だより > 【特別編】日本一過酷なフルマラソンうるトRUN開催

行政情報

村長だより

【特別編】日本一過酷なフルマラソンうるトRUN開催 (2016.10.12)

10月8日 午後からは明日の日本一過酷なフルマラソン「うるぎトライアルRUN」の準備が始まりました。明日の天候が危ぶまれますが、開催に向かって準備が進みます。DSC_16277.jpg

夕方からは明日出場する選手で交流会に申し込んでいただいた皆さんとの親睦会が行われました。DSC_16188.jpg30名の皆さんとランの話、村の話で盛り上がりキャラクターうるのすけも登場して「うるのすけマーチ」や「走れうるのすけ」の曲に合わせて踊りも披露し、最後に皆で記念写真に納まり和やかなうちに終了しました。
DSC_16244.jpg
10月9日 朝起きると外は強い雨ふりです。6時30分にはスタッフの皆さんに集まっていただく事になっております。雨は相変わらず強く降っております。
雨の中、駐車場係の皆さんは道路に立ち選手の誘導をしていただいております。雨の中、準備も始まりましたが選手の皆さんも続々と集まってきました。DSC_1633.jpg
外で予定していた開会式は雨のため室内に変更して8時30分始まりました。IMG_1734.jpgキャラクターうるのすけも登場して開会式をもりあげます。IMG_1736.jpg

スタート時間が近ずくにつれ雨も小降りになってきました。そんな中、午前9時うるぎトライアルRUNフルマラソンの部105名、ハーフの部104名が一斉にスタートしました。IMG_1749.jpgこれから過酷なコースが選手の皆さんを待ち受けております。エイドステイションも4ヶ所設置してランナーの皆さんをお待ちしております。IMG_1193.jpgDSC_1618.jpgIMG_1866.jpgCIMG5096.jpg私設エイドで協力してくれる村の皆さんもおられます。IMG_2580.jpg

9時半ノルディックウォーキングの参加者の皆さんも重見選手から準備体操、歩き方の講習を受けた後、村の愛好家の皆さんと一緒にスタートしていきました。IMG_1767.jpgIMG_1770.jpg

11時前にはハーフの部1位のランナーがゴールしました。辻選手は昨年に引き続き2連覇です。IMG_1776.jpg標高差600mの過酷なコースをも、ものともしない1時間29分42秒でのタイムです、平坦なコースなら素晴らしい記録を出される事でしょう!IMG_1781.jpgハーフの選手が続々とゴールしてきます。1時間55分41秒で女子1位の都築選手もゴールしました。牧場の中で道なき道を走るこのマラソンを難なく走りぬく皆さんに只々驚くばかりです。ゴールのスタッフ、本部エイドスタッフの皆さんも大忙しです。IMG_1785.jpgIMG_2767.jpg
早くもフルマラソンの部の1位の間宮選手も帰ってきました。3時間21分29秒こんな起伏のある標高差1,700mの過酷なコースを設定したのにも関わらずこのタイムでゴールするとはすごい事だと思います。IMG_4239.jpg間もなく総合4位女子1位の中村選手も3時間51分55秒でゴールされました。
見事3位までに入賞された方には村の特産品他を贈呈しました。IMG_4242.jpg私の年齢と同じ63位の方には村長賞を送らさせていただきました。
完走された全選手に完走賞と売木ヒノキで作った完走メダルを私から手渡しで贈りました。
ハーフの部に昨年に引き続き最高齢者(82歳)で出場された方も無事5時間11分でゴールされました。特別表彰をさせていただきました。IMG_1909.jpg遠くは沖縄県宮古島、愛媛県から、また3回連続で出場していただいた方など全国各地から参加していただききました。
途中リタイヤされた方も数名おりましたが、ゴール関門時間16時30分までに10分の余裕を持って皆さん無事にゴールされました。IMG_1975.jpg
ゴールされた皆さんの爽やかな顔に走りぬいた達成感を感じました。この大会開催に120名のボランティアの皆さん、沿道で応援していただいた村民の皆さん、過酷なコースに挑戦していただいた選手と選手の応援で見えた皆さんなど大勢の皆さんの御協力により素晴らしい大会となりました。すべての皆さんに感謝申し上げます。
CIMG0192.jpgIMG_2567.jpgIMG_2561.jpg
IMG_1194.jpg
IMG_2635.jpgIMG_2694.jpg
IMG_1981.jpgIMG_1985.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。