TOP > 行政情報 > 村長だより > さくら道ネイチャーラン、トップでゴール

行政情報

村長だより

さくら道ネイチャーラン、トップでゴール (2016.4.18)

4月11日 売木村赤十字奉仕団総会が行われました。東日本大震災に見舞われて南相馬市を平成25年視察させていただき、南相馬市原町赤十字奉仕団の皆さんと交流が行われるようになりました。平成26年には南相馬市から奉仕団の皆さんが売木村にも見えました。その後、少しでも安心な野菜をと売木村から南相馬市へ毎年届けられております。

4月12日 どんぐり向方学園入学式に出席しました。4名の中学生が入学をしました。DSC_0044.jpg

4月14日 16日に名古屋城をスタートして金沢兼六園まで約250kmを走破する「2016さくら道国際ネイチャーラン」に出場するウルトラマラソンランナー重見高好選手の壮行会を開催しました。DSC_00701.jpg今年で23回を数える伝統と格式のある大会です。3月12日の台湾ナンハン国際ウルトラマラソン120kmに出場して優勝をしたばかりでの出場は心配でありますが、重見選手は売木村のPRの為に頑張ると強い決意を述べられました。

4月16日 2016うまい!うるぎ米そだて隊が今日から始まります。朝早くからお昼の準備をする皆さん、受付準備の皆さん、作業準備の皆さん等スタッフの皆さんが受け入れ準備に忙しく動かれております。続々と今年の参加者の皆さんも集まってきました。
開会式では実行委員長挨拶のあと歓迎のあいさつをさせていただきました。DSC_00831.jpg参加者の皆さん約60名はモミまきから脱穀1まで年7回の作業に参加してうるぎ米の収穫に関わります。収穫した米は皆で分配されます。
開花した桜を見ながら椎茸の駒打ち作業、モミまき作業が行われました。お昼は桜の木の下で自己紹介をしながら皆で昼食です。
配布されたネームプレートは米を形どったうるぎヒノキで出来ております。

この日はうるぎ村を楽しむロハス体験ステイも開催されました。imag1e1.jpg1泊2日で村を体験していただきます。このイベントから村に定住した人も見えます。IMG_8514.jpg今年も簡易住宅に入居して、うるぎ米そだて隊を体験しながら米つくりを始める方が1名お見えになりました。

ふるさと館では花よりまんじゅうイベントが開催されました。たかきびのかりんとう饅頭も売り出され、用意した400個のたかきび饅頭は盛況のうちに完売しました。DSC_00821.jpg

ロハス開会式の後、10時30分にさくら道ネイチャーランの応援に向かいました。朝6時に名古屋城をスタートするため、先発で副村長と地域おこし協力隊の伊東君に応援に行ってもらいました。さくら道スタート.jpg
私達応援隊は岐阜県美並の道の駅へ午後1時着を予定して向かいました。東海北陸道美並インターで下りて国道156号線に出るとランナーがもう兼六園を目指して通り過ぎて行きました。私たちは名古屋の方に向かい重見選手を探しました。少し向かうとすぐに重見選手と出会いましたので、Uターンして後につきました。DSC_0099.jpg
112km地点の白鳥エイドステーションでは4番目で通過です。DSC_0106.jpg着々と順位をあげてきております。DSC_01041.jpg
白鳥道の駅エイドステーションではボランティアスタッフの皆さんと素晴らしい交流が持てました。名物の焼き鳥けいちゃん、ホルモン焼きなどで歓待をしていただきました。DSCN3357.jpg
スタッフジャンバー、名刺交換など、楽しいひと時を過ごすことができました。郡上長良川ロータリークラブの皆さんありがとうございました。DSC_0108.jpg

荘川桜のエイドステーションはすっかり暗くなってきました。DSCN3384.jpg先頭を走っている方は地元白鳥出身の選手です。もう何回もこの大会を経験している方です。その選手に重見選手はこのエイドでついに追いつきました。DSCN3400.jpg名古屋から143kmの地点です。まだ残り107kmあります。私は明日、用事があるため残念ですが教育長他応援隊に後を任せて帰りました。

朝、フェイスブックを見ると、重見選手が17日午前5時6分に佐藤桜に1番にタッチしたと情報が載っておりました。DSCN3439.jpg名古屋城から金沢兼六園まで約250kmを22時間48分48秒で走りぬきました。応援に行って思う事は、走る姿勢の良さと設定した時間でピッチを刻む精神力、集中力に今回も感銘しました。また売木村の名前を大きくPRしてくれました。

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。