TOP > 行政情報 > 村長だより > 恒例のお練り祭りが行われました

行政情報

村長だより

恒例のお練り祭りが行われました (2016.3.24)

3月14日 この冬は雪のない冬でしたが久しぶりの雪降りとなりました。前日までの風景を一変する雪景色となりました。DSC_1332.jpg

3月15日 町村会、広域連合会議、長土連下伊那支部総会が飯田市でありました。DSC_1334.jpg会議の合間にこのたび創立60周年を迎えた一般財団法人「中部公衆医学研究所」理事長横山様より下伊那郡町村会、飯田市に軽自動車が2台寄贈されました。町村会では日赤車として利用させていただきます。DSC_1336.jpg

3月16日 台湾で開催されたナンハン国際ウルトラマラソン120kmに出場して見事優勝した重見選手が凱旋帰国しました。IMG_1087.jpg朝4時の暗い中でのスタートから、標高差2000mの折り返しまでのきつい上り坂の話、爪が剥がれた帰りの下り坂の話など過酷なレースの話を聞きました。IMG_1105.jpgそんな中、2位に2時間差をつけてゴールするという世界屈指のウルトラマラソンランナーの強さも見せてくれました。いつも全力で走り切り妥協をしない重見選手に、ただただ感心するばかりです。IMG_1110.jpg

3月17日 売木中学校の卒業式が行われました。DSC_1342.jpg今年の卒業生は4名です。年々生徒数が減少する中でありますが、部活に勉強に生徒会活動にと少ない人数でもがんばってくれました。少人数でやり遂げた事は、きっと将来に活かせることと思います。

中学校に引き続き売木小学校卒業式が行われました。DSC_1343.jpg5名の小学生が元気に卒業しました。山村留学生1名が地元に帰りますが、4名は売木中学校に進みます。転校生も加わり中学校でもがんばってくれることと思います。

3月18日 山村留学修園のつどいが行われ9名が一年間の山村留学を終了しました。DSC_1346.jpg8名は地元に戻りますが小学校新6年生1名が継続生として28年度もがんばります。
毎年この修園のつどいに出席して思う事ですが、1年間親元を離れ売木村で山村留学した子供達は大きく成長します。一年の体験を通じて語られる子供達のスピーチは、集まった皆さんを感動させ涙、涙の修園式となります。今の時代、山村留学を子供の成長過程に義務づけてほしいと思うひと時でした。
一年間山村留学生、村の子供達も加わり「うるぎ子供太鼓」として活動してきた最後の演奏も披露されました。DSC_1349.jpg子供太鼓の指導をしてきた地域おこし協力隊の藍羽さんとうめさんも駆けつけ見守っておりました。DSC_1353.jpg一年間の成果が出た素晴らしい演奏に惜しみない拍手が送られました。一流の笛太鼓の指導を受けたい方は、ぜひ売木村に山村留学してみませんか!DSC_1354.jpg

3月20日 売木村に春の訪れを告げる太田稲荷神社の春祭りに奉納される「うるぎお練り祭り」が開催されました。DSC_1356.jpg役場から太田稲荷神社まで「練り上げ」の行列が赤や白の華やかな衣装に身を包み、舞やお囃子を奉納しながらゆっくりと神社に向かって進みました。沿道は村の皆さん、観光客の皆さん、カメラマンで賑やかでした。DSC_1362.jpg

3月20日 「塩尻市えんばーく」で信州大学総合情報センター長にお会いしました。今日は「えんばーく」で小学生を対象にプログラミング体験が開催されます。DSC_0128.jpg未来の人材育成の為のプロジェクトです。教授にお会いしてこのプロジェクトについてのお話をお聞きしました。

3月22日 売木小中学校に3年から6年間在職していただいた先生方が人事異動により転任されます。DSC_1373.jpg売木村ではPTA、教育委員会主催で毎年送別会が行われております。学校教育はもちろん、村づくりにも積極的にご参加いただいた先生方の転出は寂しいばかりでありますが、新天地でも体に気をつけてがんばっていただきたいと思います。最後はPTA会長のばんざいで先生方をお送りしました。

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。