TOP > 行政情報 > 村長だより > またも過酷なマラソンに挑戦

行政情報

村長だより

またも過酷なマラソンに挑戦 (2016.3. 7)

3月2日 岩倉生活改善センター前に陶芸体験施設が完成しました。DSC_1286.jpgDSC_1288.jpg岩倉牧場地区にある陶芸釜を利用して地域おこし協力隊により陶芸体験教室も始まります。その節は是非お越しください。

3月3日 第6回2016年南横(ナンハン)国際ウルトラマラソン120kmの部に出場する重見高好選手の壮行会が開催されました。IMG_0873.jpg大会は3月12日に台湾で行われます。スタート地点の標高が227mで、最高地点が2230mという標高差が2000mもある過酷なレースに挑戦します。
重見選手からは「4月開催のさくら道国際ネイチャーランを見据えそれの調整として出場するが、きっちりと結果を出したい。」と力強い決意がのべられました。この日も会場には大勢の皆さんに集まっていただき重見選手へ熱い激励ができました。IMG_0877.jpg

3月5日 阿南高校卒業式に来賓出席いたしました。卒業生代表の答辞は、売木村出身の生徒です。学校生活から学んだ体験を踏まえた素晴らしい答辞に感動しました。DSC_1289.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。