TOP > 行政情報 > 村長だより > うるぎ絶景マラニックが賑やかく開催されました。

行政情報

村長だより

うるぎ絶景マラニックが賑やかく開催されました。 (2015.10.14)

10月5日 天龍村で南部地区農業改良協議会が行われ出席しました。DSC_0237.jpg坂部地区の田んぼ跡地に植えられた柚子の木の状況についての視察を行いました。標高の高い売木村には、馴染みませんが南部地区他町村では柚子ができ特産品開発も進められております。

10月7日 長野県南部国道連絡会が東京で行われ出席しました。DSC_0241.jpg上伊那、木曽、飯田下伊那の市町村長が全員そろって「命と暮らしを守る道、地域が真に必要とする道路」に関する意見交換会を県選出国会議員の皆さんと行いました。DSC_0243.jpg財務副大臣として1年4ケ月頑張っていただいていた、宮下副大臣をお訪ねして要望書をお願いしました。DSC_0248.jpg

10月8日 東京から帰り、9月25日26日ギリシャで行われたスパルタスロンに出場し、総合11位で246kmを走りぬき完走した地域おこし協力隊重見選手のスパルタスロン報告会を行いました。DSC_0257.jpgいつも応援いただいている皆さんに大勢集まっていただき、重見選手から過酷なレースの様子を伺いました。DSC_0259.jpgDSC_0252.jpgギリシャでは経済状況の悪化から犬が飼えなくなり放置した犬が野犬化して人間を襲うようになっており、出場した選手の何人もが襲われるという被害も発生しておったこと、石畳で走りにくかったこと、大雨で低体温症になって意識がもうろうとする中でのゴールなど、246kmの中であったドラマを聞くことができました。DSC_0261.jpg
そんな過酷なレースを走りぬいた重見選手が売木村のユニホームを着て走っている姿に感動しました。応援いただいた皆さんありがとうございました。

10月9日 売木中学校の白樺祭が行われました。DSC_0269.jpg今年のテーマは「Canvas」です。生徒会というキャンバスにそれぞれが色をだし、全員で一つの絵を描こう!皆で話し合い皆で創る生徒会にしたい!という想いがテーマに込められております。DSC_0268.jpg開祭式に引き続き学習発表会が行われましたが、飯田市での分収造林協議会役員会のため途中で退席しました。

10月10日 うまい!うるぎ米そだて隊の第6回目が開催されました。IMG_8955.jpg今回は稲刈り作業です。
開会式の時に挨拶をさせていただき、白樺祭音楽会にいきました。
音楽会は小学生も加わり、そして村の皆さんも鑑賞に訪れ子供達も張り切って演奏や合唱に頑張っておりました。爽やかな歌声、一生懸命練習した合奏、ユーモアたっぷりの先生方の歌など会場の講堂は訪れた皆さんを癒してくれる、ひと時となりました。CIMG1654.jpgCIMG1653.jpg

午後には翌日開催のうるぎ絶景マラニックの準備が始まりました。実行委員、ボランティアの皆さんに集まっていただきテントの設営、荷物の搬入、漬物、おにぎりの準備などを行っていただきました。
近くの田んぼではうるぎ米そだて隊が稲刈りを行っております。IMG_8823.jpgIMG_8839.jpg80人が田んぼに入って稲刈りをすると、大きな田んぼでもたちまち終わります。終わった後は全員で稲ハザの前で記念撮影です。IMG_8908.jpgそだて隊の皆さんはこの後、日本ミツバチの蜜取りの様子を見学して採りたての蜜の味に大満足の様子でした。IMG_8937.jpgIMG_8945.jpgIMG_8953.jpg

この夜下清内路で大仕掛煙火を間近で見て、その迫力に驚きました。DSC_0303.jpgまた、この花火の伝統を守っている清内路のみなさんの活力に感心しました。DSC_0309.jpg
10月11日 うるぎ絶景マラニック大会の日がきました。あいにくの雨の朝です。
早朝から実行委員、ボランティアスタッフの皆さんに集まっていただき、ランナーを迎える準備が始まりました。

受付の時間が近づくにしたがって、続々とランナーの皆さんが集まってきます。
雨はかなり強く降っております。

雨のため開会式を交流センターぶなの木でおこないました。1444788504072.jpg
「ウルトラランナー重見選手が設定した過酷であっても癒されるコースをお楽しみください」と歓迎の挨拶をさせていただきました。雨も少し小ぶりになってきた午前8時半、実行委員長のピストルの合図で190名のランナーが一斉にスタートしていきました。1444788525776.jpg
DSC_0313.jpgスタートと同時に花火も上がり雰囲気を盛り上げます。ランナーの皆さんはショートの部(22km)ロングの部(38km)に挑戦です。

ショートの部のランナーは予想を超えるスピードで走っている様子が本部に入ってきます。
地域おこし協力隊伊東選手が先頭ランナーを伴走して1時間36分26秒ゴールしました。IMG_9175.jpg先頭に入ったランナーは三重県四日市市出身の男性でした。
IMG_9255.jpgIMG_8983.jpgIMG_8984.jpg
続々とショートコースのランナーがゴールしてきます。ゴールラインで副実行委員長とランナーを迎えました。本大会最高齢の愛知県からいらした81歳のランナーも22kmを完走され、元気にゴールしました。IMG_8980.jpgロングの部はあと16km平谷峠(恋し峠)往復にチャレンジです。
IMG_8965.jpg3時間19分31秒で1位のランナーが戻ってきました。名古屋市出身の男性です。ロングコースのランナーも時間が経つにつれ続々とゴールします。本部前のエードステーションでは村特産品が振る舞われております。1444788540782.jpgイチゴ組合の皆さんもブランド化に向けて売出し中の夏秋イチゴ「シンデレラ」を振る舞っております。

スタートから6時間46分後、最終ランナーがゴールしました。IMG_8994.jpgIMG_8996.jpg実行委員会をはじめ100人を超す村内ボランティア、施設エイドステーションを出して協力いただいた皆さん、沿道で応援していただいた皆さんなど大勢の皆さんの協力により無事終了することができました。すべての皆さんに感謝とお礼を申し上げます。
IMG_8998.jpg
10月12日 夕方、長野朝日放送abnステーションでうるぎ絶景マラニックと地域おこし協力隊の重見選手をとりあげて放送していただきました。DSC_0322.jpgDSC_0320.jpg

10月13日広域連合会議、町村会が行われました。DSC_0326.jpg毎年この時期には町村を回って開催されております。今年は果樹栽培100年を迎えた「くだものの里まつかわ町」にお邪魔しました。DSC_0328.jpg会議終了後、平成26年に竣工された木のぬくもりを活かした明るく快適な環境の名子中央保育園と6次産業化に取り組んでいる「なかひら農場」、アウトドアパークフォレストアドベンチャー松川を視察させていただきました。
DSC_0332.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。