TOP > 行政情報 > 村長だより > 売木川にアマゴの放流

行政情報

村長だより

売木川にアマゴの放流 (2015.7. 6)

6月30日 売木村を会場に、南部地区5町村による教育懇談会が開催されました。教育懇談会.jpg町村長、教育長、教育委員会代表が集まり、今後の南部地区の高校、小中学校のありかたについて、話し合いを行いました。阿南高校校長より阿南高校の現状について話を聞いたあと、課題について話し合いをしました。地元の生徒が減少する中、高校再編を見据え、どう高校を残していくべきか検討されました。飯田高校および風越高校の定員削減が必要ではないかという意見も出され、県教委に要望等行動していこうということになりました。中学校の部活動についても、生徒が減少するなか、南部5町村の中学校で広域的に自分の取り組みたい部活に参加できるように進めていこうということになりました。

7月1日 10月11日開催に向けて、マラニックの実行委員会が開催されました。DSC_3823.jpg大会名を「うるぎ絶景マラニック」と命名して、売木村のビューポイントを回る過酷であっても癒されるウルトラマラソンランナー重見選手お勧めのコースを走ったり、歩いたりして一日楽しんでいただくように話し合いが行われました。出場者の募集を近々開始しますので、参加をよろしくお願いします。

7月2日 飯田市の北沢建設(株)のご協力により、売木川にアマゴを放流しました。DSC_3825.jpgこのたび、うるぎ星の森オートキャンプ場展望台の改修が終了したのを記念して、全部で100㎏のアマゴの放流を計画されました。DSC_3835.jpgこの日は売木小学校の児童が成魚30㎏と稚魚20㎏をバケツに入れて川に放しました。残りの50㎏は8月に放流されることになっております。沢山のアマゴのご寄附をいただき、売木川へ来る釣り人も満足されることと思います。DSC_3837.jpg

この日、豊田市足助地区の皆さんが売木村に視察にお越しいただきました。以前、うまい!うるぎ米そだて隊に参加した方の紹介で、足助地区の村おこしに活動されている皆さんです。売木村の話をさせていただき、村づくり談義をさせていただきました。その折、アウトドア雑誌BE-PAL(ビーパル)6月号に住んでみたい市町村の14位に「人口600人の村売木」が載っているとお話があり本を見せていただきました。DSC_3846.jpg14位に小さな村がランクインさせていただき、大変光栄であります。DSC_3849.jpg

午後からは、地域おこし協力隊の活動報告会が行われました。売木村の協力隊の活動を視察したいと、阿南町長をはじめ、総務課職員など6名もご出席いただきました。IMG_3481.jpg村の人たちも大勢参加していただき、賑やかく開催することができました。まず26年度の活動報告が5名の隊員によって発表され、その後今年から新たに協力隊員となった6名から自己紹介と今後の活動に対する抱負が語られました。その後、茶話会が開催され、和やかに参加者で懇談ができました。DSC_3845.jpg

7月3日 長野市で飯田下伊那出身の県職員の皆さんとの交流会「竜峡会」が開催され、出席しました。DSC_3852.jpg売木村には現在、県職員がおりませんが、ぜひとも村出身の県職員も出ていただきたいと思うところであります。会の最後は「下伊那の歌」を全員で肩を組んでの合唱で終了です。

7月4日 議会主催のゼロ予算事業で、村内の環境整備に大勢の皆さんが出て汗をかいていただきました。午後は生憎の雨降りとなりましたが小鳥の森、岩倉キャンプ場、河川公園、ランニングコースなど綺麗にしていただきました。DSC_3855.jpgお忙しいなか、ボランティアとしてご奉仕いただいた皆さんありがとうございました。DSC_3853.jpg

長い間、長野県議会議員としてご活躍いただいていた森田恒雄さんが、不慮の事故によりお亡くなりになりました。morita.jpg7月5日葬儀告別式が営まれ議長とともに参列しました。故人の日頃からの活動は多くの皆さんの心に残り、故人のあまりにも突然の死を悼み参列者が後を断ちませんでした。謹んで哀悼の意を捧げ、ご冥福をお祈りいたします。

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。