TOP > 行政情報 > 村長だより > 地域おこし協力隊募集活動

行政情報

村長だより

地域おこし協力隊募集活動 (2015.1.20)

1月15日、雪が降り続く中、泰阜村へ総務省過疎対策室の齋藤室長がお見えになり、国が取り組む過疎対策の現状と課題について講演されました。国はさまざまな政策をもって地方創生に取り組んでおられます。我々地方がその政策をうまく活かしていくことが重要だと感じてきました。売木村も来年度に向けてアイディアを出し、国の政策にのれるようにしていきたいと思っております。DSC_3250.jpg
1月16日、下伊那郡町村会と広域連合会議が飯田市で行われました。DSC_3252.jpg飯田信用金庫さんより、創立90周年を記念して広域連合へ5300万円が寄付されました。化学消防車の購入に充てられます。DSC_3253.jpg町村会では村長が順番で村の課題について話をすることになっております。今回は泰阜村長が村長就任時、平成6年には起債合計が56億円あり、現在約24億円になるまでの苦労話をされました。特に平成11年から16年にかけては予算を組めないような状況もあったと話されました。そして、地方交付税が安定的な制度になることが財源保障ができ、地方創生が進むことだと話されておりました。

1月17日、移住・交流&地域おこしフェアが東京ビッグサイトで開催されるため、東京に向かいました。売木は雪の降る寒い日でしたが、東京もやはり風が強く寒かったです。その夜、今年の星の森音楽祭と春色感謝祭にむけて観光大使ペペの関係者のみなさんと打ち合わせを行いました。よりよい音楽祭にするために、よい意見交換ができました。DSC_3258.jpg
1月18日、早朝からビッグサイトに行き、地域おこしフェアの売木ブースの準備を始めました。DSC_3259.jpgIMG_7601.jpg10時から開会式も始まり、小泉進次郎政務官も開会式に駆けつけました。IMG_7607.jpgIMG_7606.jpg開会式終了後、小泉政務官の元へ駆けつけ、話をする機会をいただきました。人口600人の村で協力隊での村おこしについて話をさせていただき、小泉政務官も大変興味を示していただきました。IMG_7612.jpgIMG_7613.jpg売木村ブースには大勢のみなさんにお立ち寄りいただき、中には600人の村と書かれている売木村のブースに目を引かれ、どんな村づくりをしているのかと聞きに来る自治体職員もおりました。IMG_7616.jpg売木村のプレゼンテーションが午後に行われ、村の様子について、そして協力隊の活動について3人でかけ合いで話をさせていただきました。IMG_5643.jpg午後も引き続き、移住を考えている若いご夫婦が何組も訪れてくれました。5時終了でしたが、その後もブースを訪ねてくれる人がおりました。IMG_5639.jpgDSC_3270.jpg
5時終了前に巣鴨で行われているモザイクプロジェクト5周年記念イベントに参加させていただきました。モザイクプロジェクトは、若い人たちが地方に訪れ体験をする中で、その体験から地方を題材にミュージカルを作り発表をするグループです。大鹿村、阿智村を題材に発表をされております。私も村長就任時に阿智村での発表を見たことがあり、その縁でおじゃましました。みなさんの前で今の売木村の様子、地域おこし協力隊の募集についても話をさせていただきました。1421712419368.jpg私もワークショップを一緒にさせていただき、即興での劇に出ることになりました。私のグループは「小さな村売木村」を題材に寸劇をしました。1421712422393.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。