TOP > 行政情報 > 村長だより > ヒノキのブランド化、始まりました。

行政情報

村長だより

ヒノキのブランド化、始まりました。 (2014.6.19)

6月12日、売木ヒノキのブランド化報告会がぶなの木で開催され、議会のみなさん、村民のみなさん、建築業者さんにお集まりをいただきました。DSC_1651.jpg昨年村有林三カ所から42本のヒノキを切り出し、塩尻の林業試験場で強度試験を行っておりました。その結果が出ましたので、林業センター柴田技師より結果の報告をいただきました。DSC_1653.jpg強度が非常に良いという好結果ではありましたが、ヒノキの乾燥状況によりムラも見られました。乾燥を上手にすれば品質は良いというお話でありましたので、今一度的確な乾燥をして、良いデータを取りたいと思っております。そして、品質保証をして使ってもらえる材として売り出していきたいと思っております。

6月13日、下伊那郡町村会と広域連合会議が飯田市消費生活センターで行われました。DSC_1655.jpgこの日は、10時からの町村会役員会から始まり、最後の広域連合部会まで、17時半までみっちりと会議が続きました。町村会では、電算システムの共同化について話し合いました。共同化することによる経費削減等の効果が検討されました。広域連合では、リニアの残土についての説明、リニア駅周辺整備の基本構想の報告等がありました。13年後にはリニアが通る街ができます。

この日、信州自治研の冊子が届きました。売木村が長野県市町村対抗駅伝に出場した時の写真が表紙を飾りました。私も「村の元気が人を呼ぶ」という題で寄稿させていただきました。DSC_1656.jpgDSC04928.jpg

6月16日、三遠南信道路期成同盟会総会が東京の都道府県会館で開催されました。CIMG1427.jpg総会終了後、三遠南信道路の早期開通を目指し、国交省班・財務省班に分かれて要望活動を行いました。私は飯田市長、泰阜村長、湖西市副市長と財務省に要望に伺いました。DSC_1672.jpg

翌朝、有楽町にある長野県観光情報センターを訪問しました。
東京からの合宿誘致を熊谷所長にお願いしました。DSC_1675.jpgDSC_1676.jpg東京から売木村に合宿に来ていただければ、ゆっくりするには2泊は必要です。遠いところから来ていただくのも村にとってはメリットがあり、遠くからの合宿誘致にも力を入れていきたいと思っております。

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。