TOP > 行政情報 > 村長だより > 南相馬日赤奉仕団との絆

行政情報

村長だより

南相馬日赤奉仕団との絆 (2014.6.11)

6月4日、長野市において長野県水源林造林協議会総会が行われました。下伊那郡から県の代議員に選ばれている関係で出席しました。根羽村長、大鹿村長とともに出席しました。DSC_1608.jpg

6月6日、長野県長寿社会開発センターのシニア大学講座での講演会に、講師としてお招きをいただきました。「小さな村の元気なひみつ」という演題でお話をさせていただきました。DSC04754.jpg会場には顔見知りの方もお見えになり、会場いっぱいのみなさんの前で緊張しましたが、今の売木村の取り組み状況をお話させていただきました。DSC04757.jpgDSC04758.jpg時々笑いも起こり、また「走れ!うるのすけ」の曲を聞いていただき、ぜひ買ってほしいとお願いをしましたところ、4枚の売り上げがありました。大勢のみなさんの前でお話をさせていただき、いい経験をすることができました。

6月9日、長野県議会議員の吉川さんに売木村に来ていただき、村の懸案になっておる土木河川事業の現場を視察していただきました。DSC_1624.jpgDSC_1627.jpg国道151号線新野峠バイパスに関わる県道大平山松葉線の改良について見ていただき、お願いをしました。また、売木川の埋塞土の撤去、県道阿南根羽線の丸畑地籍の防災対策、県営星の森オートキャンプ場の遊歩道にランニングコースの設置等、今村が抱える懸案をお願いしました。DSC_1628.jpgDSC_1632.jpg

6月10日、福島県南相馬市原町日赤奉仕団と仮設住宅入居者、一般市民のみなさん、総勢42名のみなさんが売木村を訪問していただきました。DSC04782.jpgDSC04785.jpg昨年9月4日には売木村日赤奉仕団に私も同行して、南相馬市を訪問させていただきました。その縁で売木村にお越しいただきました。
この日は、朝6時に南相馬市を発たれ、ひたすら売木村を目指すという強行なスケジュールのようでした。昼食は車中という中、売木村へ予定より1時間遅れての3時半到着となりました。
村のキャラクターうるのすけと日赤奉仕団員などみんなで出迎えました。DSC04778.jpgDSC04780.jpg村の様子を話しながら、歓迎を申し上げました。DSC04792.jpg原町奉仕団委員長小野さんからも被災地の現状をお聞きすることができました。DSC04794.jpg仮設住宅入居者の方からも仮設住宅に入居される経緯など、苦労されたお話をお伺いすることができました。DSC04804.jpg訪問された方の中に、民謡大会で優勝された方もおり、福島県民謡「相馬流れ山」の素晴らしい歌声を披露していただきました。DSC04800.jpg桜井勝延南相馬市長よりメッセージを預かってきていただきましたので、みなさんの前で披露させていただきました。DSC04818.jpg1時間半というあっという間の交流会でしたが、最後には相馬盆唄を参加者全員で踊り、親交を温めることができました。小さな村で大きな支援はできませんが、この繋がりを大事にしていきたいと思っております。DSC04823.jpgDSC04826.jpgDSC04829.jpg
夜は、会場を飯田市に移しての懇親会が行われ、売木から日赤奉仕団員と共に参加させていただきました。飯田市長も駆けつけ、賑やかな交流会ができました。DSC_1647.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。