TOP > 行政情報 > 村長だより > 新年度がスタート

行政情報

村長だより

新年度がスタート (2014.4. 1)

3月28日、地域おこし協力隊報告会が文化交流センターぶなの木で開催されました。会場には30名ほどのみなさんに駆けつけていただきました。遠くは神奈川県厚木市からも来ていただきました。s-CIMG1243.jpg売木村には現在5名の隊員がおり、今までの活動についての報告を行いました。今年で3年目を迎える隊員も2名おります。
市川太郎さんは、山村留学の指導員として今まで2年間勉強してきました。村独自の体験活動も取り入れ、活動の幅も広げてきてくれております。3年目の今年からは、山村留学センター長としてなお一層山村留学事業の推進に頑張っていただきます。s-DSC_1134.jpg能見奈津子さんは観光課に所属し、特産品開発、村の情報発信に頑張っていただいております。10年ぶりにたかきびまんじゅうの復活をしてくれました。うるのすけマーチの作詞、そして今度は「走れうるのすけ」の作詞もしていただき、CDの発売もしていきます。また、農林業などにも頑張っております。s-DSC_1137.jpg重見高好さんは、ウルトラマラソンランナーとして走る村うるぎの宣伝マンとして活躍いただいております。昨年は、サロマ湖100kmウルトラマラソンで準優勝、白山・白川郷スーパー林道100kmウルトラマラソンで優勝、神宮外苑24時間チャレンジマラソンで優勝、今年に入り宮古島ワイドーマラソンで優勝と輝かしい成績をあげ、全国へ村のPRをしていただいております。合宿誘致も大いに進んだ年になりました。世界ランキングでは100kmで5位、24時間で2位と頑張っております。s-IMG_4983.jpg松田朋子さんは観光課に所属し、村の情報発信、観光協会の事務、たかきびまんじゅうの復活、林業女子を目指し頑張っております。山の木の葉を使ってアロマオイルの開発も手掛けていきたいと頑張っております。石原彩子さんは観光課に所属し、村の情報発信(村のホームページの更新)と村が取り組んでおる観光ビジョン作成に向け素案を作り上げ、花を使った魅力ある村づくりのデザインを描き、今検討委員会に持ち上げて議論を進めております。各イベントの事務局としても活動いただいております。s-DSC_1143.jpgそれぞれが村での活動について報告をいたしました。その後、集まったみなさんで持ち寄ったものや協力隊が復活したたかきびまんじゅう等をいただき、たかきび茶を飲みながらの茶話会が開催されました。茶話会の中で、それぞれ協力隊員に励ましや質問も出て、和やかなうちに終了することができました。s-DSC_1146.jpg


4月1日、年度初めの式が役場2階で行われました。私は挨拶の中で、引き続き人が訪れる村・訪れたくなる村づくりに邁進する、そのためには中枢を担う役場職員には、役場は人が来やすい、寄りやすい場所となるよう行動していただきたいとお願いしました。
s-CIMG12511.jpgまた、本年度2名の新しい職員を採用しました。後藤里佳さんは売木村出身です。村の診療所に勤務していただきます。山下祥子さんは飯田市出身です。保育士として売木保育園に勤務していただきます。みなさん宜しくお願いします。s-CIMG1255.jpg


本日より、旧JA店舗を改修した体験交流スペースとコインランドリーがオープンしました。s-DSC_1157.jpg
s-DSC_1159.jpgs-DSC_1161.jpg売木村に農業体験、マラソン合宿に来るみなさん等、大勢のみなさんに利用していただきたいと思います。また、村のみなさんにも寄っていただき、訪れたみなさんとの交流の場となるように気軽に使っていただきたいと思います。コインランドリーも併設しております。梅雨の時期、冬の寒い時期等、有効に活用していただきたいと思います。ご利用をお待ちしております。s-IMG_4388.jpg


「走る村うるぎ」ののぼり旗ができあがりました。村内各地にのぼり旗を立てさせてもらい、訪れるランナーたちを歓迎し、「走る村うるぎ」を大きくアピールしていきたいと思っております。村のみなさんには、訪れたランナーのみなさんに応援の声掛けをよろしくお願いします。s-DSC_1162.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。