TOP > 行政情報 > 村長だより > 小さな訪問者

行政情報

村長だより

小さな訪問者 (2014.3. 4)

2月28日、売木小学校2年生6名が村長インタビューに役場を訪れてくれました。村内を回り、いろいろな人に話を聞いているようです。最初の質問では「何で村長になったのですか?」と聞かれました。私は「みなさんが大きくなっても売木村が残っているように、元気のある村になるようにと思って村長になりました。」とお答えしました。学校で事前に質問を考えてきており、的確な質問にびっくりしました。小さな子どもの訪問にほっと一息つけたひと時でした。
1s-CIMG1136.jpg

3月2日、売木村観光大使のペペが雑誌に登場していると聞き、雑誌を買い求めに行きました。家から40~50分で行ける岐阜県恵那市の本屋に行きましたが、求める本がなく、瑞浪市のチェーン店にあると聞き、そこまで足を延ばし本を購入することができました。2s-DSC_1018.jpg本を読んでみますと、プリズンコンサート(刑務所での)を始めたときの様子から、現在335回と回を重ね、ギネスに申請するまでになった苦労など、インタビューに答えております。本を読んで頑張っている姿に感動し、今後の活躍をしっかり応援していきたいと思いました。3s-DSC_1021.jpg

3月3日、県境域開発協議会運営連絡会が売木村役場で開催され、今年度の事業報告と来年度に向けての事業計画について協議をしました。村長就任時には会長は売木村になっており、新米の村長が会長という立場で2年務めさせていただきましたが、26年度より愛知県豊根村の村長が会長になる見込みとなりました。新米の村長には荷が重かったので、少し気楽になれます。4s-SANY0039.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。