TOP > 行政情報 > 村長だより > 40年ぶりの梅花駅伝出場!

行政情報

村長だより

40年ぶりの梅花駅伝出場! (2014.1.24)

第46回天龍梅花駅伝に売木村も参加することになりました。約40年ぶりの参加です。
1月14日は、出場する選手に委嘱状をお渡しして、駅伝参加の結団式を行いました。
走る村うるぎとしては、まず参加することから始めたいと思います。s-CIMG1096.jpgs-CIMG1098.jpg

1月18日、東京麹町にある雑誌ランナーズの関連会社ランニングスクールを訪問しました。月一回皇居外苑でウルトラマラソンランナー重見選手のランニング指導のお話があり、東京でコーチングについて話し合いをしました。私としては、ぜひ売木村に来てトレーニングもしていただきたいとお願いをしました。お互いに協力してやっていければと思っております。s-DSC_0833.jpg
1月19日、東京お台場のビックサイトで開催された移住交流&地域おこしフェアに参加しました。売木村からは地域おこし協力隊を含め5名で伺いました。売木村のプレゼンテーションでは大勢のみなさんに周りを囲んでいただき、熱心に耳を傾けていただきました。s-DSC_0847.jpg
ブースにも大勢の人に寄っていただきました。売木村は地域おこし協力隊員1名を募集しております。先輩の協力隊員が村の状況をしっかりと説明しました。この中から売木村の協力隊員として応募していただけることを期待しております。s-DSC_0841.jpgs-DSC_0851.jpg

また、今回の目的は地域おこし協力隊の募集でしたが、売木村がテレビに取り上げられたことで合宿の申込みに訪れてくれる方もおりました。マラソンランナーが来ているということで写真撮りにみえる方、応援の言葉をかけてくれる方など、大勢の人がテレビを見ており、声かけに来てくれました。

1月21日、長野県町村長会が東京の全国町村会館で開催されました。
長野県から57町村が集まりました。s-CIMG1106.jpg総務省大臣官房審議官 青木信之氏の「平成26年度地方財政対策」についてと全国町村会事務総長 石田直裕氏の「当面する諸課題」についてお話を伺った後、旧丸子町出身の落語家 立川談慶氏の「地方からの復権」という演題で講演をしていただきました。落語も二席聞かせていただきました。s-CIMG1110.jpgs-CIMG1114.jpg
長野県出身の芸能人の集まりを作り、長野県に協力していけるようにしたいと話をされておるということを聞きました。是非とも立ち上げていただき、長野県に元気をいただければと思います。
講演会終了後、情報交換会に移りました。大勢の町村長のみなさんとお話をする機会をいただきました。いい情報交換会になりました。s-DSC_0860.jpg

1月22日、宮下一郎衆議院議員の国会事務所を訪問しました。松川町長、高森町長、平谷村長、大鹿村長とお伺いしました。リニアと三遠南信自動車道の話で盛り上がりましたが、私は当面の課題であります合宿誘致に向かってのクロスカントリーコースの整備について、国の政策に乗っかれないかお願いをしました。午後4時に売木村で用事があるため、先にみなさんとお別れし帰りました。s-DSC_0866.jpg

1月23日、名古屋のランニングスクール「フロッグ」のみなさんが役場を訪ねてくれました。名古屋でランニング教室やイベントを開催して頑張っているみなさんです。売木村のフィールドへ大勢のみなさんが来てもらえるように、いろいろなアイディアをいただきました。フロッグのみなさんには企画を立てていただいて、売木へランナーを送り込んでいただきたいとお願いをしました。いただいたアイディアを活かした合宿誘致に、村も頑張りたいと思います。s-DSC_0868.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。