TOP > 行政情報 > 村長だより > 24時間チャレンジ 見事優勝!

行政情報

村長だより

24時間チャレンジ 見事優勝! (2013.11.12)

11月9日、神宮外苑24時間チャレンジに出場する地域おこし協力隊ウルトラマラソンランナーの重見君の応援のため、8人の応援隊で売木村を出発しました。早朝4時に出発し神宮外苑には9時頃到着しました。早速応援隊で記念写真を撮り、応援の結束を誓いました。乗っていった車には応援ののぼり旗をつけ、売木村のアピールも忘れません。10時30分から開会式も始まり、ウルトラマラソンで活躍する選手が紹介されました。我が売木村の重見選手も一番に紹介されました。午前11時、いよいよ24時間チャレンジのスタートです。スタートラインについた選手、男子101名、女子18名の皆さんが一斉にスタートしていきました。長い道のりのレースの始まりです。順調にスタートした重見選手は、1.3km神宮外苑の周回コースを6分20秒~30秒のペースで走っております。東京や千葉にお住まいの村出身者や重見選手のファンの方も駆けつけてくださり、一緒に応援をしました。

午後1時、売木村に用事があるため、応援したい気持ちを抑えて、やむなく売木村に向かいました。自分のペースを守り、走り抜いていただきたいと思いながら帰路につきました。午後6時星の森オートキャンプ場に到着しました。この日、県職員の皆さんがキャンプ場の様子を見ながら宿泊されておりますので、駆けつけました。キャンプ場の今後の誘客についての話で盛り上がり、キャンプ場を利用しての婚活イベントの開催も話に出ました。ぜひ成功させたいと思います。

翌朝4時に新しい応援隊も加わり、24時間チャレンジの応援に出かけました。
途中、関東地方で大きな地震もありましたが、8時半頃に無事到着しました。
早速応援に周回コースに向かいました。
重見選手は競技に集中し、もくもくと走っておりました。私が売木に戻り、東京に帰って来る間も寝ることもなくずっと走っておる姿を見た時、その忍耐力に感激をいたしました。

NHKが一周のラップタイムをずっと測っておりましたので話を聞くと、現在のペースは8分台半ばから9分で走っておりました。9時時点で、周回数187周、247.693kmを走っております。
残り一時間を切った頃には、さすがに疲れもピークとなり、10分台にペースも落ちてきました。顔にも疲れの症状が表われております。なんとかあと一時間、何事もなく過ぎてもらいたいという気持ちでいっぱいです。残り2周となった時、彼のペースは6分台に入り、最後の周回は5分20秒というすごいスピードとなりました。どこにそんな力が残っているのか、彼の底力にただただ感心するとともに、アスリートのすごさを感じました。いよいよ24時間のゴールが迫ってきました。私も思わず最後は一緒に走っておりました。


ダントツで優勝を飾ることができました。
記録203周、269.225kmは、フルマラソンを4時間を切るスピードで6回、東京方面に売木村から中央道八王子料金所までに匹敵する距離です。

駆けつけると、彼の第一声は「村長、いいアピールになりましたね。」でした。その言葉を聞いた時、思わず胸が熱くなり泣けてきました。本当に重いものを背負わせていること、体を酷使させていることに申し訳なく思った次第です。
本当にありがとう。よく頑張ったね。
国内最高記録で見事な優勝を成し遂げた重見選手は、全力を出し切り、歩くのにも困難な状況ですが、表彰式では「今ここに立てておるのは、一緒に走った皆さんのおかげ、沿道の皆さんの応援のおかげ」とコメントをしておりました。
s-DSC02339.jpg
応援していただいた全ての皆さん、本当にありがとうございました。また、この模様はNHK応援ドキュメント「明日はどっちだ」で放送されますので、ぜひご覧ください。


この日は、うるぎ米そだて隊の第7回目、最終日です。天候も曇り空とはいえ、脱穀作業には支障のない天気となりました。私は24時間チャレンジの応援のため留守でしたが、スタッフの皆さんの協力により最後のイベントも順調に終了したようです。
最初の作業は、2ヶ月田んぼを守ったかかしの片付けでした。その後、一畝オーナーとして野菜を作った畑での収穫作業と畑の片付けをしました。。収穫では、大根、白菜、里芋等、たくさんの収穫があり、参加者皆さん大喜びでした。
今回の昼食は、釜戸炊きの新米ときのこ汁でした。おこげのあるご飯は大人気でした。
きのこ汁もおかわりするほどに喜ばれておりました。
そして、いよいよ最後の米作り作業は、脱穀でした。それぞれに作業分担をされ仕事をする様子が、7回の作業を重ねたチームワークの表れだと思いました。
無事作業も終わり、いよいよ表彰式です。表彰式には副村長が駆けつけ、一年間村を訪れてくださったお礼を申し上げました。今年の皆勤賞は26名、米26俵が贈られました。皆さん嬉しそうに一俵の重みを感じておりました。

11月10日は、愛知県大府市での大府シティ健康マラソンが行われ、売木村から9名の出場と応援隊5名が参加しました。8月、大府ランナーズの皆さんが売木村に合宿に訪れていただいたのがご縁で交流が始まり、今回初参加となりました。しっかりと歓迎をしていただきました。
マラソンに参加した皆さんは、売木で走っていた時のタイムと比べて好成績で、1kmあたり1分もタイムを縮められた方もいたようです。これも売木村での重見君の指導と酸素の薄い高地での練習の成果の表れではないかと思われます。ぜひ売木村での合宿をしていただければその効果は表われると思いますので、一度合宿に訪れてみてください。
大会終了後、場所を中華料理店に移して交流会が行われました。大府ランナーズの皆さん、武豊フットワークスの皆さんに歓迎をしていただき、大変盛り上がった交流会となりました。親睦を深め、互いに行き来する中で、交流がますます盛んになることを望むところであります。歓迎をいただいた皆さん、本当にありがとうございました。s-IMG_0068.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。