TOP > 行政情報 > 村長だより > サロマ湖100kmウルトラマラソン準優勝

行政情報

村長だより

サロマ湖100kmウルトラマラソン準優勝 (2013.7. 3)

6月28日 第2回売木村議会定例会が開会致しました。一般質問が4件ありました。私の進める観光政策について、今後どう進めて行くのかというご質問を頂きました。村のグランドデザインを描く中で、早急に観光ビジョンを作り、それに向かって進めていきたい旨を答えました。s-0703-1.jpg村の林業振興や、小規模特養の建設についても質問がありました。
今回提案しました案件全てを、承認していただきました。

7月1日 観光施設および国道沿線の環境美化作業が、議会の皆さま主導のもと開催されました。村民の皆さんも大勢参加して頂き、国道418号の平谷峠付近の草刈り、河川公園の草刈りや樹木の手入れ、茶臼山の小鳥の森遊歩道の草刈りなどに汗を流して頂きました。s-0703-2.jpgおかげさまで観光施設が見違えるように綺麗になりました。大勢の皆さまに訪れて頂きたいと思います。 

その夜、長野市で飯田下伊那出身の県職員の集まり、竜峡会総会が開催されました。環境美化作業に午前中に参加してから長野へ向かいました。91名の皆さまが出席され、賑やかな会となりました。s-0703-3.jpg私は今回が初めての出席でした。これからも地元出身の県職員の皆さんのご指導を頂きながら、村発展のため頑張りたいと思います。

6月30日 第28回サロマ湖100kmウルトラマラソンが開催され、地域おこし協力隊員の重見高好さんが出場しました。彼は昨年もこの大会で3位に入賞されていて、今回は優勝をも狙える位置におります。その通り、素晴らしい活躍で優勝争いを展開し、結果準優勝となりました。s-0703-4.jpgs-0703-5.jpg日ごろの練習の成果があらわれ、その頑張りに感激をいたしております。

7月2日には村民の皆さまに呼び掛け、報告会を開催しました。子どもから大人まで大勢の皆さまにおいで頂き、賑やかな報告会となりました。話を聞きますと、足の爪が3枚ほど剥がれかけたり、ユニホームで体中が擦れて出血するような激闘の末、勝ち得た準優勝に感動いたしました。s-0703-6.jpgs-0703-7.jpgs-0703-8.jpg
100kmマラソンの過酷さを話の中から伺うことができました。もう次の大会を考え、トレーニングを少しずつ再開するようですが、あまり無理しないようにして頂きたいと思っています。
次の大会は白山スーパー林道で行われる第1回白山・白川郷100kmウルトラマラソン、東京で開催の第8回神宮外苑24時間チャレンジ・ウルトラマラソンを予定しています。多くの皆さまの応援を、またよろしくお願い致します。

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。