TOP > 行政情報 > 村長だより > 近況報告

行政情報

村長だより

近況報告 (2013.3. 6)

2月27日、下伊那南部5町村の首長で地元選出国会議員を東京に訪ね、下伊那南部の抱える課題について要望をして参りました。忙しい合間に時間を作っていただき、過疎町村の課題を国政に反映できるよう真剣に話を聞いていただきました。
130305-1.jpg

3月1日、南信州広域連合で運営しております桐林クリーンセンターの連絡協議会定例会が行われました。クリーンセンターの稼働状況について伺ってきました。24年度1月現在で約2万529トンのゴミの受け入れをしているそうです。売木村からの搬入量は約41トンのゴミを処理していただいております。売木村では、多い時には54トンのゴミを受け入れていただいておりましたが、高齢化とともにゴミの搬入量も減ってきております。平成29年には飯田市下久堅の稲葉地区に新しいゴミ処理場が建設され稼働される予定になっております。
130305-2.jpg

3月4日から平成25年第1回売木村議会が開会しました。会期は3月27日までの24日間になります。冒頭の挨拶では、「観光部門の充実を図るため組織化して推進をしていく必要があり、4月から観光課を設置し進めていきたい」と話をいたしました。観光課の事務所をうるぎふるさと館に置き、観光の窓口として情報発信をし、ふるさと館に訪れる皆さんとの交流も持ちながら定住促進に繋げていくことができればと考えております。売木村の観光事業の将来を見据え、観光ビジョンの作成等、地域おこし協力隊員の皆さんの力を借りて新しい村づくりに頑張っていきたいと思っております。
130305-3.jpg

3月5日、売木村に新しく誕生した新生児を伴ってご家族が役場を訪問してくれました。村からは出産祝金を送りました。売木村の将来の担い手として元気よく健やかに育ってほしいと願っております。私も生まれて1ヶ月の赤ちゃんをこわごわと抱かせてもらいました。
かわいいですね!
130305-4.jpg130305-5.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。