TOP > 行政情報 > 村長だより > 最近の村の様子

行政情報

村長だより

最近の村の様子 (2012.12. 6)

11月28日より、村政懇談会を始めました。来年度の予算編成に向け、村民皆さまのご意見を幅広くお聞きし、予算に反映できることは取り入れ、お聞きしても予算に反映できないこともありますが、予算成立後の4月の村政懇談会で25年度の村政の方針、予算の説明をしっかりして参りたいと思っております。今日まで村の5地区での懇談会が終わりました。今夜の会場で最後となります。寒い中、村民の皆さまにはお出かけいただき、様々なご意見を聞かせていただきました。聞いただけで終わらないよう村政に生かして参りたいと思います。
121207-1.jpg121207-2.jpg

この程、売木村の農業生産法人では売木村の寒い気候を生かして干し柿の生産に取り組んでおります。売木村の新しい特産物として売り出そうと約3万5千個の柿を干しております。その柿がおいしくできあがってきております。いよいよ今週末の8日、9日と浜松市の三方ヶ原公民館での販売からスタートします。お近くの方は是非お買い求めいただき、うるぎの新しい味をご賞味ください。また13日、14日は刈谷ハイウェイオアシスでも販売予定です。
121207-3.jpg121207-4.jpg

12月3日より、売木村地域おこし協力隊員として重見高好さんが着任しました。彼には私の政策の一つであります、売木村の標高、また夏の涼しい気候を利用した陸上競技選手の夏合宿地としての誘致に向け協力していただくことになっております。彼は中学生の頃から陸上選手として活躍し、5000メートル14分3秒、1万メートル28分59秒、フルマラソン2時間18分31秒の記録を持ち、ホノルルマラソンでは日本人3位に入ったこともあり、数々の大会で優勝、上位入賞の経験のある方です。今年の夏、売木村でトレーニングをしており、知り合うことができました。これから、合宿の誘致、村のPRに頑張っていただきたいと思います。

121206-5.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。