TOP > 行政情報 > 村長だより > 視察に行ってきたよ。

行政情報

村長だより

視察に行ってきたよ。 (2012.11. 8)

11月6日、7日とリニア中央新幹線の開通を見据え、土地利用や交通体系等の町づくりの参考とするために九州まで視察に行ってきました。岐阜羽島駅から東海道新幹線に乗り、九州新幹線の新玉名駅まで約4時間半で到着いたしました。
121108-1.jpg

初日は、玉名市役所で九州新幹線開業までの取り組みと今後の展開についてお話を伺いました。玉名市は川を中心に拓けた街です。人口は約7万人です。そこに九州新幹線が通り、新玉名駅は田んぼの中にできました。駅の周り35.6ヘクタールを民間の活力を導入して周辺整備を計画されております。
121108-2.jpg

次の日は、武雄市で九州新幹線 鉄道建設本部でお話を伺いました。九州新幹線の西九州ルートを建設中であります。この路線は武雄市までは長崎本線の在来線を利用し、67キロを新たに建設されます。そのうち、40.7キロがトンネル区間になり、その残土処理についてお話を伺いました。出た残土は嬉野市へ運ばれ埋め立てられております。ここの埋立地には29万粒米が運ばれました。
121108-3.jpg121108-4.jpg

私は藤の花をつかった村づくりを考えておりますが、嬉野市は道路沿い、及び公園に1キロにも及ぶ藤棚が整備され、花の時期にはとても綺麗ではないかと思われます。その時期には一度訪れてみたいと思ってみてきました。
121108-5.jpg121108-6.jpg

このページの上へ▲

「村長だより」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。