TOP > 売木村からのお知らせ > 売木村無形民俗文化財【 念仏講】が始まりました

売木村からのお知らせ

売木村無形民俗文化財【 念仏講】が始まりました (2018.2. 9)

宝暦10年(1760年)頃から始まったと伝えられている、売木村無形文化財の念仏講が2月5日より始まりました。毎年、2月5日から48日間、1日も休むことなく続けられています。

かつては、老若男女を問わず村人の語らいの場ともなっていましたが、現在では村のお年寄りにより般若心経、御詠歌、和讃等をもって、村内安全と五穀豊穣を祈願されています。

通常は午後1時ごろより念仏が唱えられ、初回向(はつえこう)、中回向(なかえこう)、終回向(しまええこう)は大勢が参加して盛大に行われます。

ぜひお気軽にご参加いただき、お茶話にお付き合いください。

【期間】 平成30年2月5日(月)~3月24日(土)
【時間】 午後1時~
※初回向(はつえこう)2月5日、中回向(なかえこう)2月28日、終回向(しまええこう)3月24日は、午前11時から。

念仏講についてはこちらのページをご参照ください。

【お問い合わせ】
売木村教育委員会
電話0260-28-2677

s-念仏講(2).jpg

s-観音堂.jpg

このページの上へ▲

「お知らせ」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。