TOP > 売木村からのお知らせ > 防災イベントストーブの導入(Introduction of emergency and event stove )

売木村からのお知らせ

防災イベントストーブの導入(Introduction of emergency and event stove ) (2017.6.30)

平成29年度長野県地域発元気づくり支援金事業(事業名:薪さえあれば憂いなし!防災&木の村「売木村」推進プロジェクト)を活用し、防災イベントストーブ(移動式の薪ストーブ)を3台導入しました。この防災イベントストーブは、平常時はイベントや防災訓練、子ども達の火育や野外活動で使用し、災害時には避難所に設置し、煮炊きや暖房に活用できる!という画期的な薪ストーブです。6月29日には、試験的に石焼き芋・石焼きトウモロコシ・お釜でうるぎ米の炊飯を実施し、デモンストレーションを行いました。薪を活用することで、森林資源の活用の推進も目指します!9月には村全体の防災訓練で活用される予定です。

Introduction of three emergency and event stoves (mobile wood burning stoves) for a project sponsored by Nagano Prefecture.

The emergency and event stoves will be used for disaster prevention drills, at outdoor events and for children educational activities.
Due to their high mobility, installation at evacuation sites for heating and cooking purposes can be easily achieved, making the stoves very useful.

On June 29th we demonstrated our newly purchased emergency and event stoves and cooked sweet potatoes, corn (both ishiyaki-style), and boiled rice. By utilizing firewood, we also aim to promote the utilization of widely available natural resources! Our next usage of the stoves will be in September where a disaster prevention drill will be held.

stove1.jpg

stove2.jpg

stove3.jpg

stove4.jpg

stove5.jpg

このページの上へ▲

「お知らせ」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。