TOP > 売木村からのお知らせ > ザゼンソウが見ごろです

売木村からのお知らせ

ザゼンソウが見ごろです (2015.4. 7)


売木村にも春が訪れて、花や芽が順々に楽しめるようになってきました。
現在は茶臼山自然園あてび平小鳥の森の園内や明皇山あじさいの里にて
ザゼンソウが見ごろです。

IMG_6082.jpg

ザゼンソウ(座禅草)は、仏像の光背に似た形の花弁の重なりが僧侶が座禅を組む姿に見えることが、名称の由来とされています。また、花を達磨大師の座禅する姿に見立てて、ダルマソウ(達磨草)とも呼ぶそうです。(Wikipediaより)

IMG_6083.jpg

覗き込んでみるとひとつひとつ表情が違います。
ひっそりと水辺に咲いているところは瞑想しているようです。

IMG_6086.jpg

また、今はちょうどミズバショウの開花も見ることができます。
ザゼンソウより数は少ないですが、みずみずしい花芽です。

IMG_6090.jpg

※お願い
ザゼンソウの好む地は湿地です。そこに人が入り踏み固めていくと環境が変わってしまいます。また毎年頭を踏まれ変形した姿も見られます。環境保全のため湿地には入らないようご協力をお願いします。


このページの上へ▲

「お知らせ」インデックスへもどる

信州の南の端。峠に囲まれた小さな山里、うるぎ村。